2019年6月-7月の配当金は約3万円。配当金は毎年少しずつでも増やしていく。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。6月の配当金シーズンがやってきました。

日本企業は3月決算の会社が多いため配当金が集中するとても楽しみな時期です。

今回は保有する7社の内、6社から配当金をいただきました。

保有銘柄数は7銘柄。

今年の6月時点では7銘柄保有していました。その内5銘柄から配当金をいただきました。

配当金メインで銘柄を選定しており、もらった配当金で新しい銘柄を買うということを目標にしています。

最近ではNTTドコモに追加投資をしたので、次回はさらに配当金が増える予定です。

保有銘柄の評価損は出ていますが、配当金は毎年確実にもらえているのでこの点はあまり気になっていません。スバルだけ買うタイミングが早すぎたことをやや後悔しています。

参考:SUBARU(7270)の利回りは6%超。不正問題による値下がりで保有株は大幅マイナス。

2019年6月/7月の配当金

今回いただいた配当金です。

6/19 NTTドコモ(9437) 保有株:100株 配当金:5,500円※昨年からプラス500円

6/19 ゆうちょ銀行(7182) 保有株:100株 配当金:2,500円

6/20 日本郵政(6178) 保有株:100株 配当金:2,500円(税引後:1,993円)

6/24 SUBARU(7270) 保有株:100株 配当金:7,200円(税引後:5,738円)

6/27 中国電力(9504) 保有株:100株 配当金:2,500円

合計 20,200円

5社から合計で20,200円の配当金をいただきました。

昨年の6月配当金は21,750円でしたので、昨年から微減となりました。

保有銘柄を見直しているので、6月単月の配当金では微減していますが、7月にJTの配当金が7,700円もらえるはずなので実質は6,150円増です。

NTTドコモを買い増したので、来年はさらに配当金がもらえる見込みです。NTTドコモは増配が期待できる銘柄ですので、保有株数が同じでも増えることが期待できるのはありがたいです。

配当金は高配当銘柄に再投資(したい)

今回受け取った配当金は再投資に回したいところです。ただし、3万円弱なのでこれだけだと購入できる銘柄は限られています。

追加で投資資金を投入して、配当額を最大化するために利回りのいい銘柄に再投資したいと思います。

キャッシュフローとして配当金がいただけるのでモチベーションを保ちやすいのが、この配当金投資のメリットだと感じています。

JTなどの高配当銘柄に追加投資を検討しています。次はどの銘柄に投資をするのか考えるときが一番楽しいですね。

それでは。

スポンサードリンク