速読速聴・英単語Basic2400 ver.2で基本的単語と生活語彙をしっかりとマスターするために音読開始。

スポンサードリンク




仕事で英語を使っていますが、しっかりと英語の基礎固めをするために毎日英語の勉強をしています。

毎朝30分~1時間、夜は1時間~1時間半ほど英語を音読しています。英語の音読教材は風早寛著『速読英単語(必修編)』を使って英語の長文リーディングも兼ねて音読しています。

速読英単語(必修編)に取り組む前に『英検2級でる順パス単』で英単語を増強をしたので、速読英単語(必修編)に取り組むことで、英単語の復習を兼ねることができて相乗効果があります。

今回は音読教材としてもっと基礎的なところを固めたいと思い、『速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2』に同時並行で取り組むことにしました(※現在はver.3が出ています)。

速読英単語(必修編)に疲れたらBasic 2400に取り組んでいます(気分転換になります)。

『速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2』

こちらのBasic 2400は文章の中で英単語を覚えていく文脈主義の英単語教材です。コンセプトは速読英単語シリーズと同じです。

速読速聴・英単語シリーズとして、『Basic 2400(初級)』、『Daily 1500(初中級)』、『Core 1900(中級)』、『Advanced 1100(上級)』の4種類があります。

このBasicは最も基礎的な英単語をカバーする教材です。中学~高校1年生程度の教科書に出てくる重要単語・熟語表現がほぼ漏れなく盛り込まれています。基礎単語に自信がない方にお勧めの英単語教材です。

一応、基礎的な単語は押さえているつもりですが、音読教材は自分の英語レベルよりも少しやさしいと感じるレベルで取り組むのがいいという意見があったので、Basic 2400に取り組むことにしました。

Basic 2400では日常会話の基本となる生活語彙も自然に身に着くような内容になっており、生活語彙補強にも期待しています。また基本的単語には多義的な使い方がされるので、この辺りの感覚を掴むことも期待しています。

中学で学んだ基本的単語(特に動詞や前置詞)は一見、簡単に思えるものが多いのですが、コラムで取り上げた13の「基本動詞」や10の「前置詞」を見ればわかるように、実は非常に多義的で幅広い用法を持つ語が数多く含まれています。そのような多様な意味・用法を学ぶうえでも、さまざまな種類の文章の中でそれらの語彙に巡り合うことが、最も有効な語彙習得方法であろうと確信しています。

文章のジャンルも幅が広く、会話、日記、手紙、レシピなどのジャンルがあります。

速読英単語には掲載されていない英語のジャンルも多いので、同時並行で進めることのメリットを感じています。

Basic 2400はTOEIC 500点台を目指す人向け

Basic 2400では単語1800語+熟語600語、中学基本語彙900語を一挙に復習ができます。

英語試験のレベルとしてはTOEIC 500点台を目指す人、英検3級~準2級を目指す人向けです。音読教材として取り組む場合はTOEIC600点以上の方が適していると思います。

CDも付いているのでリスニング対策もできます。音読教材としてはCDの音声を聞きながら、音を真似して取り組むことで発音の向上が期待できます。

ver.2では前半は会話中心の短文です。ver.3では短文がなくなり、全て長文になっているようなのですが、手元にあるのが古い版だったので使っています。音読教材としてはテンポよくこなしていきたいのであまり気になりません。

巻末資料では文法解説もされているので、文法・語法で抜け漏れがある場合でも知識を補うことができます。

意外と穴になっている英単語が学習できる

生活語彙が学べるということで、英語圏に住んでいると必要になるであろう基本的な単語が数多く含まれています。例えば、電化製品の名称やパソコン操作に関する語彙、魚や動物、植物の名前などなど。

学校・教科のパートでは数学の問題に関する語彙も学ぶことができます。

意外と穴になっている基本的な単語がしっかりと学べるので初中級者や中級者も取り組むメリットがあると思います。私はこのあたりの語彙を補う必要があるのでとてもいい教材と感じています。

生活語彙のパートはかわいいイラストで紹介されているので、モノをイメージしながら英単語を学ぶことができて便利です。

まとめ

Basic 2400をしっかりと音読をして、基本的単語の復習と基本的単語の多義的な活用法の感覚を掴むこと、生活語彙の強化をしたいと思います。

特に基本的単語をしっかりとマスターすることは英会話の能力を高めることにもつながります。中学英語を駆使すれば日常生活の80%はカバーできます。スピーキングは最も英語力の向上が実感できる部分ですので、英語のモチベーション維持・向上も期待できます。

こちらも毎日ゴリゴリ音読していきます。英語の多読×音読で英語力を高めていきたいと思います。

それでは。

今回紹介した本

速読速聴・英単語Basic 2400ver.3

速読速聴・英単語Basic 2400ver.3

  • 作者:松本茂(コミュニケーション教育学)/ゲイル・K.オーウラ
  • 出版社:Z会CA
  • 発売日: 2015年03月

スポンサードリンク