初めての新車購入時に自動車保険選びで考えたこと。基礎知識から保険料が安くなるポイントまで。

スポンサードリンク




3年前に新車でマツダのアクセラスポーツを購入しました。

地方ではクルマはあると便利です。新車を買った際に気になるのが自動車保険。初めてクルマを購入したので、全く知らない中であれこれ勉強しながら保険を選びをしました。

その時に考えたことをまとめておきます。ちょうど今保険の更新のタイミングで新車購入時はどういうことを考えていたのかを振り返りつつ、いきたいと思います。

自動車保険の基礎知識 一般型保険とエコノミー型保険

まず、自動車保険って何!?というところから入りました。
車の保険っていっても何を保証してくれるのがよく分かりません。

事故はイメージつきますけど、具体的な補償範囲が分かりませんでした。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A350615032140wakaranai-thumb-1000xauto-18998

細かい内容は保険会社や保険代理店でパンフレットを確認しつつ、担当者に説明してもらうのが確実ではありますが、私のような初心者が押さえておくべき知識としては自動車保険には「一般型」「エコノミー型」の2種類があるということを知っおくといいと思いました。

知らないまま契約するとあとで後悔するかもしれません。

まず新車の場合、おすすめしたいのが「一般型」と言われています。それは保証範囲が広いからです。

私も初めての新車購入だったので「一般型」にしました。「一般型」というのは要はフルパッケージの保険です。平たく言えば、事故の補償範囲が広いです。そのため、エコノミー型保険の方が保険料が安く、一般型の方が保険料は高いです。

エコノミー型との大きな違いとしては、単独事故や当て逃げにも保険が適用される点です。妻も運転初心者ですし、私も単独事故の可能性があると思い、特に新車なので一般型を選びました。

一般型自動車保険に対して保険が適用される範囲が限定的なのが「エコノミー型」。
エコノミー型では単独事故や当て逃げは保険適用できませんが、車対車の事故はしっかりとカバーできます。

こちらのソニー損保のサイトで4コマ漫画で説明してくれているのが分かりやすいのでおすすめ。

参考:ソニー損保|車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の違いは

こちらのサイトによると「当て逃げ」は、一般型保険だと補償範囲ですが、エコノミー型保険だと補償対象外です。

あとは保険会社によって細かく補償内容が異なります(ここが差別化ポイントでもあります)。

ただ自動車保険選びの基礎知識として一般型とエコノミー型があることを押さえておくといいと思います。エコノミー型の方が保険適用範囲が限定されるため、保険料は安くなります。

また自動車保険にはダイレクト型自動車保険と店舗型自動車保険に2種類があります。私は店舗で契約ができる店舗型自動車保険に加入したので、その前提で話を進めていきます。

保険料は出来るだけ安く抑えたい!その時に知っておくべきポイント

団体割引を適用する

自動車保険を少しでも安くしたい場合、まず会社の団体割引適用がないかどうかを調べてみましょう。
私の場合は会社の団体割引が使えました。そのため同じような補償内容でも団体割引適用の自動車保険は比較的安い自動車保険料で加入することが出来ました(それでも等級が低く、年齢も若いため保険料は高かったです)。

新車購入時にディーラーでも自動車保険をおすすめされますが、やはり自分できちんと相見積もりをとった方がいいと思います。その上でディーラーで紹介される保険がいいと考えるのは問題ないと思います。

自動車保険は保険会社によって費用は異なります。私が見積もりを取った中ではソニー損保の保険料は安かったです。特にダイレクト型自動車保険と呼ばれるネット系の自動車保険でさがしてみると保険料は安いようです。

団体割引適用の店舗型とネット系自動車保険のどちらが安いのかは検討してみたいです。

保険適用時の自己負担額を設定する

事故が起きてしまい自動車保険を適用する際の自己負担額を設定すると保険料は安くなります。
自己負担額を0に設定すると、事故時に自分の持ち出しはなく保険から支払いがされます。

ただ自動車保険は、事故などの万が一の時のための保険です。何もないに越したことはありませんし、何もなかった時に保険料はできるだけ安い方がいいです。自己負担額は5万、10万と設定することができ、自己負担額を設定することで保険料は安くなります。

私の場合は1年目は1回目の保険適用は自己負担額 5万円、2回目は10万と設定しました。後から考えると最初から自己負担額は10万円と設定をしておいても良かったなと思いますが、新車購入時は転居したばかりということもありキャッシュがあまりなかったので、万が一の時の自己負担を少なく設定しました。

支払い方法を年払いにする

こちらは保険全般に言えることですが年払いにすると保険料は安くなります。
私の場合は保険料を年払いにすることで、自動車保険料が5%オフになりました。

月々の支払であろうとも、年の一括払いであろうとも、どうせ払うものなので少しでも安くなる方が嬉しいです。

ゴールド免許割引を利用する

自動車保険は等級によって大きく費用が変わります。20代など年齢が若いうちはどうしても等級は低く、保険料も高く設定されています。

ただし、等級は毎年見直されます。1年無事故なら等級が上がる仕組みなので、無事故で安全運転をしていれば保険料は年々安くなっていきます。

私の場合は6等級からスタートしました。等級の上限は20等級までです。

等級はどうしようもないのですが、ゴールド免許を持っている場合、ゴールド免許割引が適用されて保険料は安くなります。若くてもゴールド免許で少し保険料を安くすることができるので、日頃から安全運転を心掛けましょう。事故はしないのが一番です。

私の場合は契約時はゴールド免許ではなかったのですが、途中でゴールド免許になったのですぐに申請に行きました。

自動車保険の考え方

自動車保険の考え方として参考になったのが、「事故が起きた際に新しいクルマ(新車or中古車)を買うだけの余裕があるか」です。

もし新車が事故などで廃車になったとき、自己資金で新しいクルマの取得費用とローン残額を賄うほどの経済的余裕があるかどうかで自動車保険を利用するかどうかが決まってくると考えます。

私の場合はクルマは残価型クレジットで購入しました。3年もしくは5年後のクルマの価値をディーラーで保証していただき、その残価を差し引いた金額を頭金+ローンで支払っていくという支払い方法です。

3年、もしくは5年後に新しく新車に乗り換える場合は、残価を支払う必要はありません。新車に乗り換えない場合は残価を現金一括もしくは自動車ローンで支払っていきます。

例えば車の価格が250万円、5年後の残価が80万円のケースで考えてみます。250万円-80万円を差し引いた金額170万円を頭金+ローンで支払っていきます。このサービスのメリットとしてはローンの支払いが軽くなるので月々の負担を軽くすることができます。

残価型クレジットの場合、クルマが事故をして廃車になってしまった場合に、ある程度まとまった金額を支払う必要があります。さらに新たに新車もしくは中古車を購入する費用も必要になるため、自動車保険に加入するメリットが大きいと考えました。

残価型クレジットではなく通常のローンの場合もある程度状況は同じだと思いますが、残金という視点で考えると残価型クレジットの方が負担が大きい可能性があります。

現金で一括で買った場合はまた少し考え方が変わってきますね。

自動車保険は段階的に見直して費用負担をコントロールする

新車時に事故をすることがローン残額も多く、一番経済的にダメージが大きいです。そのため一般型でしっかりとクルマを守るのはメリットがあると考えています。

一方で新車購入時から3年目以降はクルマの価値はどんどん下がっていきますし、ローン残額も減ってきているはずです。

4年目は一般型⇒エコノミー型に変更をして保険料を安くするなど保険料見直しの対応をすることが重要になってきます。わが家はちょうど保険料見直しのタイミングになっているのでエコノミー型保険も視野に入れて検討してみようと思います。

等級は年々上がっていきますので自然と保険料も安くなってはいきますが、リスクと保険のバランスを見直すことは大事だと思います。

新車のうちは当て逃げリスクが恐いので一般型で契約をしていました。1回目の契約がそろそろ満期を迎えて見直しのタイミングです。

まだ残価型クレジットの5年まで2年を残して、当て逃げのリスクをどう考えるのか。悩みます。

初めて自動車保険の話を聞きに行くときに必要なもの

自動車保険の見積もりをしてもらう場合、自動車の車両情報(型番)が必要になります。
クルマにもシールが貼ってありますが、新車購入時の見積書にも型番は載っているので、保険会社や保険代理店に行く際は忘れずにメモしていきましょう。

自動車保険の車両の補償料を設定する場合に必要となる情報なのでとても大事です。

まとめ

自動車保険といっても会社も補償内容もいろいろあって、選ぶのが大変です。

月々の保険料は安く、補償内容は必要十分であればいいとはいっても、どのあたりがベストバランスかが難しいですね。ただ新車の場合はローン残額と買い替え費用をしっかりとカバーできる保険内容が必須条件(預貯金で新車費用を補えるなら大丈夫)だと考えています。

万が一の事故の場合にあるといいなと思ったのは弁護士特約(自分に過失のない事故の際に弁護士が利用できる)やレッカー費用負担特約です。特約の有無によって保険料が大きく変わるというわけではなかったので特約を付けました。事故時の交渉などは専門家に任せたいので。

弁護士特約保険に加入している場合、自分に過失がある場合は保険会社が自分の代わりに交渉してくれます。一方で自分に過失がない場合は保険に加入していても自分自身で相手方の保険会社と交渉に臨まないといけません。プロと素人の交渉は素人側に圧倒的に不利です。その時に弁護士に依頼できる特約が弁護士特約です。

それでは。

※参考になると嬉しいですが、保険選びは自己判断でお願いします。

スポンサードリンク