太る原因は意外なところに!?炭酸飲料やジュース好きは飲み物を見直すと効果絶大。

スポンサードリンク




ダイエットに取り組んでおり、-10kgの減量に成功しています。

参考:ダイエット開始から6週間で9.5kg減を達成!これまでの過程を振り返って大事だと思ったこと。
※その後、10kg減を達成しました。

ダイエットに真剣に取り組むようになってから太るには必ず原因があることに気付きました。考えてみると当たり前のことなのですが、太っている時はなかなかこの現実を直視できません。

太る習慣を見直して、ひとつずつ良い習慣に変えていくことがダイエットの成功の秘訣です。

まず思い浮かぶのは食事ですね。次に間食です。ここまでに大きな問題がない時は飲み物が原因かもしれません。

飲み物で意外とカロリー摂取をしている

お酒を飲みすぎると太るのは意識している方は多いと思います。意外と普段日常的に飲んでいる飲み物でも太っている可能性が大いにあります。

私の場合、ダイエット開始前はこんな感じで飲んでいました。とある一日の飲み物の記録。

朝:お茶とドデカミンストロング(300ml缶)

昼:食後のコーラ(Lカップ)

午後:コーヒー、ピルクル(乳酸菌飲料、500ml)

残業中:カフェオレ(ストレス発散で)

カロリーを計算していくとドデカミンストロング 78kcal、コーラ 165kcal、コーヒー29kcal、ピルクル 338kcal、カフェオレ 113kcalで計723kcal

かめごん
なんと飲み物だけで1食分のカロリー!

ピルクルなんかは意識としては健康にも良い、乳酸菌飲料を飲んでいるつもりなのですが、実際はものすごいカロリー摂取です。かなり甘いですからね。

コーラはもちろんのこと、カフェオレもカロリーが高いですね。

飲み物でカロリー摂取をすると適正カロリーを維持するのがムズカシイ

30代でデスクワーク中心の生活をしている場合、1日の適正摂取カロリーは2400kcalです。

飲み物だけで723kcal摂取してしまうと、朝、昼、晩のごはんは1677kcalしか摂取できなくなります。やってみると分かりますが、かなりの節制が求められます。普通に食べてしまうとカロリーオーバーです。

この状態だとごはんは普通にしているのに飲み物を飲みすぎてしまっているために毎日カロリーオーバーとなってしまうとても残念な状態です。さらに食べ物もカロリーオーバーだったら、1日の摂取カロリーがものすごいことになります。

逆に言うと飲み物を変えるだけで、適正カロリー内にできる可能性があります。実際に私は飲み物をお茶と水のみに変えました。最近ではデトックス効果を得るために水中心にしています。

余分なカロリーを摂取しないようになったことで、食事の選択肢の幅が広がり、栄養素のバランスを満たす余裕がでてきます。例えば、3食事の食事を終えたときに、タンパク質が足りていないからあと一品納豆を食べようとか。

栄養バランスのよい食事を維持しつつ、カロリー制限をすることで健康的に痩せることができます。

炭酸飲料は特に糖質も多いので、要注意です。

飲み物の出費もバカにならないので、家計にもプラスの効果がでてきますよ。

それでは。

 

スポンサードリンク