ダイエット中の飲み会で締めのラーメンを食べても太らない!リバウンドしないために実践した工夫。

スポンサードリンク




8月末から人生最高体重である86.1kgからダイエットを開始して、3ヶ月間で15kgの減量に成功しました。

その結果、身長171cm、86.1kg、体脂肪率26.5%から、71.1kg、体脂肪率22.2%になりました。体脂肪は7kg減!

ダイエット中も飲み会には参加しました。飲み会後に締めのラーメンも食べています。飲み会、締めのラーメンも楽しみつつも、リバウンドせずにダイエット目標を達成することができました。

そんな私が実際にした工夫を紹介します。

飲み会へは徒歩で行く

会社とお店の場所の距離感によりますが、徒歩1時間以内であれば歩いて行きました。季節は秋だったので、歩ていくと丁度いい気分転換。

ダイエットで重要なのは摂取カロリーを消費カロリー以下にすること。消費カロリーを増やすことで、飲み会での摂取カロリー増に対応しようと考えました。

飲み会前に歩いていくことで、とてもお腹が減ってしまいます。飲み会スタートはコース料理だと必ずベジタブルファーストになっているので、大丈夫だと思いますが、最初は血糖値を急上昇させない野菜から食べましょう

アルコールは控えて、ウーロン茶

バリバリのダイエット期間中だったので、アルコールは控えました。アルコールはエンプティカロリーといって栄養がないにも関わらずカロリーだけあるやっかいなしろものなのです。

今もダイエットは継続中ですが、飲み会ではアルコールを飲みます。15kg減量した最初の3ヶ月間はまずは体重をしっかりと落とす時期で、いいペースで減量できていたのでそのペースを落としたくなかった。なのでアルコールは控えてました。

飲み会の料理は家での料理よりも脂っこいものも多いので、ウーロン茶はぴったり。脂質が多い料理にはウーロン茶がいいですね。

飲み会後も歩く

ダイエット中に参加した飲み会後は必ず締めのラーメンを食べています(チートデイと称して)。

アルコールは飲んでいないので、外食+@くらいのカロリー量。。ただ締めのラーメンを食べることで、摂取カロリー以上にリバウンドへの危険性は近づいていたはず

ラーメンは脂質と炭水化物という太る組み合わせ。しかも夜遅い時間に食べるのでこれもあぶない。危機感があったので、飲み会後は自宅まで歩いて帰りました。1時間半くらいだったので、歩いて帰れる距離だったということもありますが、電車で帰る場合も1つ手前の駅で降りて歩いてみるなど、飲み会後に歩く工夫をするといいと思います。

ちなみに帰りにのどが渇くので、脂肪と糖の吸収を抑えるからだすこやか茶Wを飲んでいました(付け焼刃的な発想ですけど)。

[トクホ] コカ・コーラ からだすこやか茶W お茶 ペットボトル 350ml×24本posted with カエレバ コカ・コーラ 2015-06-01売り上げランキング : 259Amazonで購入楽天市場で購入

翌日以降はカロリーを抑える

ここまでやっても体重は増えていました。だいたい0.5kg程度でした(うまくいけば変動していない時もあった)。

とはいえ食べ過ぎてもその後、3日間で調整することができます。人は急に痩せることは難しいのと同時に、急に太ることもないのです。人はホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる働きを持っていて、身体の状態を常に一定を保とうとするからです。

翌日以降も食べすぎてしまったら太っていってしまいますが、翌日以降3日間をこれまで通りの適正カロリーで過ごすことで体重は再び減少していきました。

私の場合は翌日はだいたい筋トレの日で、しっかりとトレーニングをして、栄養補給もしっかりとして、目標カロリーぎりぎり、もしくは少しオーバー、翌々日をいつも通りのカロリーで過ごすことで、だいたい2日間くらいかけて体重が再び落ちていくという感じでした。

筋トレをしなければ、翌日以降でカロリーを調整することで、再び痩せていくはずです。筋トレは筋肥大を狙っているので、カロリーをしっかりと摂ることが大事になるので、少し時間が掛かっていました。

まとめ

ダイエットは長いスパンで実践するものです。その過程で飲み会はもちろん、いろんなイベントがあると思います。

私も飲み会は参加しましたし、飲み会後の締めのラーメンも食べました。

飲み会の次の日に体重が増えてしまっても、脂肪として身についてしまったわけではないです。胃の中に未消化の食べ物として残っているから体重が増えている、アルコールを飲んだことで身体がむくみ、水分量が増えているなどで体重が増えている可能性があります。

当日の努力でカロリーオーバーを最小化することに加えて、翌日以降、しっかりと調整することでリバウンドせずにダイエットを継続することができます。

飲み会も楽しみながら、ダイエットを続けましょう。

それでは。

スポンサードリンク