英検2級でる順パス単の単語編1179語をコンプリート!計536語の語彙習得で学習効果を実感。

スポンサードリンク




英語力の基礎固めのために英検2級に挑戦中です。

まずは英検2級合格に必要な語彙力を身に付けるために『英検2級でる順パス単』に取り組んでいます。

『英検2級でる順パス単』は英検対策で定番の1冊です。過去5年間の英検データ分析により厳選された英単語1179語、英熟語525語が掲載されています。

単語編1179語をコンプリート

勉強を開始して1カ月半。ついに単語編1179語をコンプリートしました。

単語編は頻出レベルによって3つに分かれています。

でる度A:405語(常にでる基本単語)
でる度B:403語(よくでる重要単語)
でる度C:371語(差がつく応用単語)

それぞれ私が1週目で知らない単語だったのは以下の通りです。

でる度A:139/405語(常にでる基本単語)
でる度B:180/403語(よくでる重要単語)
でる度C:217/371語(差がつく応用単語)

知らなかった単語は計536語です。

全ての単語をコンプリートするために知らなかった単語を中心に覚えるまで12周繰り返しました。単語を見て日本語の意味がすぐにうかべばOKという判断基準でチェックをしていきました。覚えていなければ見出し語と意味の音読、例文の音読を繰り返しました。

だんだんと繰り返す中で、見出し語で覚えられた単語と例文で覚えることができた単語の2パターンがありました。どちらも覚えていればOKとしました。

英単語学習に大事なこと

12周することで全ての単語をコンプリートすることができましたが、やはり単語学習は覚えるまで愚直に繰り返すことが大事です。1度に大量に繰り返すのではなく、時間をあけて繰り返す必要があります。

1日の中であれば朝と夜、また毎日繰り返すことで着実に記憶に定着していきました。

理由としては記憶は寝ている間に定着します。そのため睡眠が欠かせません。そのため、単語学習にはどうしてもある程度の日数が必要です。

復習を何度も繰り返すことで着実に語彙が増えていきますし、長期記憶として定着させることができます。

私も今回英検2級のでる順パス単の単語をコンプリートしましたが、長期記憶としてしっかり定着するまで定期的に復習をしていこうと思います。中途半端に学習を終えるといずれは忘れてしまうのでもったいないです。

単語力強化の効果

英単語536語を覚えることができましたが、語彙増強(ボキャビル)は効果を実感しやすいです。

仕事の英語メールでも、基本的な語彙が増えたことにより断然読みやすくなりました。あっこの単語は英検2級で出てきたやつだと思うことが本当に多かったです。メールを書く時も新しく覚えた単語を使うことで表現の幅が広がりました。

逆に言うと基本的な語彙が欠けていたということですが、今回しっかりと補うことができたので結果オーライです。ボキャビルは継続的に取り組んでいく必要がありますし、効果を実感することでモチベーションが維持できています。

『英検パス単』と同時に『速読英単語(必修編)』に取り組んでいますが、こちらも英単語の復習という意味でとても良い相乗効果がありました。

『速読英単語(必修編)』は単語集ですが、リーディング教材として取り組む方が個人的にはおすすめです。更に音読をすることで英語力の底上げ効果が期待できます。

まとめ

英検2級の本番まであと2ヶ月。英単語をコンプリートできたことで大分気持ちに余裕が出てきました。

とはいえ『英検2級パス単』については単語は定期的に復習をして、長期記憶として定着させる必要があります。また、英熟語の学習を取り組んでいきたいと思います。これは大変そうです。

英単語、英熟語の定着化を図るためにも『速読英単語(必修編)』の音読は継続していきます。

そろそろ『英検2級過去6回全問題集』で過去問演習に取り組む必要があります。前回1回分は取り組んでいるのであと5回分あります。週末の元気があるときに過去問にチャレンジしていきます。

ライティング対策をどうするかはノーアイディアなので、対策方法を含めて考える必要があります。

いろいろとまだ課題はありますが、毎日コツコツと取り組んでいきます。

それでは。

現在取り組んでいる教材

でる順パス単英検2級

でる順パス単英検2級

  • 作者:旺文社
  • 出版社:旺文社
  • 発売日: 2012年03月
速読英単語入門編改訂第2版

速読英単語入門編改訂第2版

  • 作者:風早寛
  • 出版社:Z会
  • 発売日: 2010年11月01日

スポンサードリンク