英検2級の勉強を開始して1ヶ月経過!勉強の進捗まとめてみました。

スポンサードリンク




英語力の基礎固めのために英検2級(実用英語技能検定)に挑戦中です。

勉強を開始して1ヶ月が経過しました。毎朝30分間勉強を中心にコツコツ勉強しています。朝に英語を勉強するのは想像以上に前向きな気持ちにさせてくれるため、モチベーション維持にもとてもいいです。

勉強のざっくりした計画はこちらです。

参考:英検2級合格を目指して3ヶ月間のざっくりとした勉強計画をまとめてみた。

英検2級合格に向けて、最初の1ヶ月が経ったので進捗を整理しておきたいと思います。

『パス単』は3周目

まずは単語力強化ということで『パス単』に取り組んでいます。

パス単は英単語1,179語英熟語525語計1,704語があります。英単語については既に3周目に突入しました。1周目は単語テストで知らない単語をピックアップしていきました。2周目は英語の音を聞いて音読。3周目は再び英語の意味を覚えているかチェックしていっています。

3周目でも覚えられていない単語はさっぱりですが、きちんと覚えている単語もあります。ひとつ、ひとつの単語を潰し込んでいく楽しさを感じています。

当初はこちらの『パス単』を最低3周するという計画でしたが、1ヶ月が経つまでに3周はクリアできそうです。覚えられなければ覚えるまで繰り返せばいいだけなので、どんどん回転させていきたいと思います。

英熟語の方はこれからなのですが、英熟語は知らないと意味が分からないので、こちらも必須です。英熟語の例文をコツコツ音読していきたいと思います。英熟語はだいたい知らないといったレベルなので、時間が必要です。

でる順パス単英検2級

でる順パス単英検2級

  • 作者:旺文社
  • 出版社:旺文社
  • 発売日: 2012年03月

『速読英単語(必修編)』でリーディングと音読

英単語は『パス単』を中心に強化していますが、併せて『速読英単語(必修編)』で英単語の確認をしています。

英検2級は高校卒業程度の英語力を測る試験ですが、言い換えると大学入試レベルと同レベルなので大学受験用の英語参考書が役に立ちます。その中でも特に気に入っているのが『速読英単語』です。

英語の文章がとてもおもしろいですし、リーディングの教材としてもぴったりです。大学入試に出てくる94%の単語をカバーしていて、1,900語をカバーできます。『パス単』で覚えられていない単語のピックアップと復習に役立っています。

また音読をすることで英語力の底上げ効果を期待しています。70の文章が掲載されていて、1つの文章は100~200語程度で読みやすい分量です。毎日、少しずつ読み進めています。

こちらも最低3周はしたいと考えています。どんどん回転させて英単語をしっかりと頭にインプットしたいと思います。

速読英単語1必修編改訂第6版

速読英単語1必修編改訂第6版

  • 作者:風早寛
  • 出版社:Z会ソリューションズ
  • 発売日: 2016年05月03日

瞬間英作文トレーニング

英検2級の二次試験を意識して『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を始めました。

瞬間英作文トレーニングは中学英語を徹底的にマスターして使いこなせるようにするトレーニングです。中学英語をマスターすれば日常生活で言いたい事は全て伝えられるようになると言われています。

現在は中学1年生レベルの英語をトレーニング中です。ゲーム感覚で瞬間英作文をして学習を進めています。順調に進むと、結構楽しいので夢中になります。

こちらの『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を最低でも3周以上をしてから英検2級の面接対策をすることが目標です。

英語を話すという技能が伸びることが一番英語力向上を実感できる瞬間だと思うので、こちらのトレーニングにはかなり期待をしています。

また100時間学習時間確保のために英語講座に申込み、先日第1回目の講座に参加してきました。

こちらの講座では英会話が求められるので、瞬間英作文トレーニングの学習効果を測る機会としていきたいなと思っています。アウトプットする機会を持つことが大事です。

英検2級過去問に挑戦してみました

力試しに英検2級の過去問に挑戦しました。これまで英検を受験したことがないので、問題の形式もよく分からないので、とりあえず過去問にトライしてみようと考えました。

2018年第2回試験にチャレンジしましたが、結果はリーディング(ライティングは除く)正答率 73%、リスニング正答率 83%でどちらも合格圏内でした。

過去問にトライしてみると英検がどういう試験かよくわかりました。英単語をある程度強化したら、早めに過去問に挑戦してみると、試験で何が必要かが明確になるのでいいと思います。

単語問題の正答率が課題で、やはり英単語の強化が必須だと思いました。長文読解の問題は『速読英単語』と同じ感覚で読めました。『速読英単語』は英検対策にもおすすめだと思いました。

英検の長文は内容がおもしろいので、へーっと思いながら読みました。TOEICのリーディングよりも断然楽しいです。じっくり読めるので英語読解力の確認にもなります。

リスニングパートはシャドーイングを実施して聴けなかった音の潰し込みを丁寧にしていきたいと思います。

今後の勉強方法

既に英検2級に合格圏内ということで、6月受験は英検準1級にチャレンジしてみようかとも思いました。

参考:英語力の基礎固めをするなら英検。2019年の英語の目標は英検2級合格と準1級合格。

ですが、英検2級と準1級は大きな距離があります。例えば求められる語彙数は英検2級が5,000語に対して、英検準1級は8,000語と3,000語も語彙を増やす必要があります。

英語は積み上げ型の学習ですので、まずは英検2級の範囲を完璧に仕上げることが結局は近道だと考え直しました。というわけで、これからも英検2級の勉強を継続していきたいと思います。

特に英語力を高める勉強を意識して英検2級の範囲を学習してきたいと思います。具体的には『パス単』と『速読英単語(必修編)』での単語力強化とリーディング力アップ、『瞬間英作文トレーニング』で英語のスピーキング能力を伸ばして、『英検2級過去6回問題集』で総合的な英検対策とリスニング対策をしてきたいと思います。

『パス単』が早く仕上がれば、次の準1級受験も視野にいれた単語帳で単語力強化に移行したいなと少し欲がでてきています。『DUO』か『Core1900』で必須英単語をしっかりと身に付けたいなと考えています。これらの英単語帳での単語強化はTOEIC対策にも効果があるというので、一石二鳥です。

『速読英単語(上級編)』も興味があります。こちらは英検準1級対策になるようなので、是非チャレンジしてきたいです。

英語の勉強はコツコツと時間をかけていくしかないので、これからもモチベーションを維持して取り組んでいきます。

それでは。

スポンサードリンク