英語学習は量が大事!英検2級合格を目指して3ヶ月で100時間の勉強時間を確保する案を考えてみた。

スポンサードリンク




今年は英語の基礎固めをするために英検2級の勉強をしています。

まずは英検2級合格に必要な英単語を暗記するために、『パス単』に取り組んでいます。勉強開始から1週間ほどですが、順調に進んでいます。1周目の半分くらいまではきました。

でる順パス単英検2級

でる順パス単英検2級

  • 作者:旺文社
  • 出版社:旺文社
  • 発売日: 2012年03月

英語の勉強は一朝一夕にはできず、日々の積み重ねが大事です。

特に英単語の暗記は時間が掛かります。また、英検は英語の4技能がバランスよく求められます。英語力を着実に高めるための勉強時間確保が必要です。そのため毎日、英語の勉強時間を確保するようにしていますが、社会人の場合、これが難しい点でもあります。漠然と毎日勉強しようと思っても続かないので具体的な時間目標を立てることにしました。

平日の勉強パターンも重要です。夜に勉強するパターンや、朝に勉強するパターンなどを試してみて、自分にとって最適な学習パターンを踏まえて100時間の勉強時間を確保するプランを考えてみました

平日の夜に勉強するパターン

最初に取り組んでみたのは平日の夜に勉強するパターンです。夜はブログも更新しているのでブログ更新後が英語の勉強時間です。

とはいえ仕事も毎日定時に帰れているわけではないので、日によってはなかなかのハードワークです。

ブログは趣味なので強制されたものではないのですが、出来れば毎日ブログを書く時間も確保したい。とはいえ、睡眠時間を削ると翌日の仕事のパフォーマンスに影響するので、限られた時間でやりくりする必要があります。

この辺りの優先順位付けが難しいと感じました。

一方で、夜に勉強するメリットもあります。それは勉強後すぐに睡眠に着くので記憶を定着させやすい点です。睡眠中に記憶を整理するため、寝る直前に暗記をすると効率よく記憶することができると言われています。

そして、その効果を最大化するためには朝起きてすぐに復習することが大事です。というわけで、朝の時間に英単語を復習することも試してみました。

平日の朝に勉強するパターン

平日の朝に勉強をしてみると、頭がとてもすっきりしていて夜に勉強するよりも効率がいいことに気付きました。

人によって向き不向きがあるとは思います。私の場合は朝の時間の方が効率が良さそうです。そして何よりも朝の時間は、まとまった時間は取れないものの毎日確実に勉強時間を確保しやすいです。

朝の勉強もいろいろと試してみました。朝は少し早めに出社をして、フリースペースなどで勉強するのが一番集中力が高い状態で勉強できました。

家でやっても集中はできるのですが、勉強の調子が出てくると出社が遅くなってしまうリスクがありました(フレックス勤務なので問題はないのですが)。朝、少し早めに会社に行ってフリースペースで勉強をすると定時に出社もできますし、かつ時間のプレッシャーもあるため集中力が増しました。

朝の勉強をメインに試験対策のスケジュールを組み立てていく方がいいように思いました。

英検2級合格に向けて勉強時間を100時間確保する

英検2級に合格するために社会人の勉強時間目安をみると100時間くらいが目安という意見がいくつかありました。どれくらい参考になるかは分かりませんが、100時間をひとつの目安として置いておきたいと思います。

朝の勉強時間をメインにして100時間確保するプランを考えてみます。

平日朝は毎日30分の勉強時間を確保する

平日は朝の勉強時間を30分確保するとして、30分×5日で150分です(2.5時間)。

3ヶ月の勉強期間があるので、30時間です。英検2級に合格するための勉強時間としてはまだまだ心許ないです。更に勉強する時間をどう確保するのかを考える必要がありそうです。

朝の勉強時間を1時間にすると2倍の60時間になりますが、朝はそこまで強い方ではないので無理はしない方がいいように思います。無理をすると続かないので。

無理しない程度で仕組み化をしようとすると朝30分程度の勉強時間がちょうど良さそうです。

週末は1日2時間の勉強時間を確保

週末は1日2時間勉強するということを実践すると、3ヶ月で48時間の勉強時間になります。週末の朝は少し早めに起きてリスニングや長文問題などまとまった時間が必要な勉強にあてると良さそうです。

これで計78時間です。もう少し勉強時間の確保が必要です。

平日の夜は30分の勉強時間を目標にする

こちらは帰宅時間にも影響されるのですが、平日夜は最低30分間の勉強を目標にしてみようと思います。

平日の夜を毎日30分間勉強することで、3ヶ月間で30時間の勉強時間確保になります。とはいえ、勉強できないリスクもあるので週3日として、18時間の勉強時間確保になります。翌朝も勉強することを加味して英単語を暗記する時間にしたいと思います。

これで計96時間です。

コンスタントに平日の夜30分の勉強時間を確保するための方法は、会社から帰る前に勉強してみるなどありそうです。引き続きいろいろと試してみようと思います。

英語講座に申し込んで強制的に勉強時間を確保

英語の4技能をバランス良く伸ばすための英語中級者向けの講座があり、受講費用も安かったので申し込んでみました。こちらは1時間1コマを全5回の予定です。

英検対策の勉強ではなく英語力をバランスよく伸ばすための講座ですが、これで5時間の勉強時間を強制的に確保できます。

これで計101時間です。なんとか100時間の勉強時間を確保できそうです。

まとめ

英語学習には質も大事ですが、それ以上にまとまった勉強量が必要です。どれだけの時間、英語を習得するために時間をあてることができたかが結果に大きく左右すると考えています。

英検2級合格に向けて100時間の学習時間確保するプランを考えてみました。あとは毎日の勉強時間目標を日々のタスクとして落とし込んで、着実にこなしていくだけです。

勉強の方法は単語学習と過去問を中心とした問題演習と決めています。

毎日の勉強時間を使って、これらの学習を進めていこうと思います。英単語学習では重要度Aの単語は知っている比率が高かったですが、重要度Cになると知らない単語の比率が高くなりました。まだまだ暗記する単語は多いので、時間もかかります。

3ヶ月あるといってもあっという間に時間は経ってしまうので、コツコツと取り組んでいきたいと思います。

それでは。

スポンサードリンク