ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を受講してきました。一生付き合っていくお金だからしっかりと学ぶ機会をつくろう。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に行ってきました。

お金って大事です。大事なのにも関わらずお金とどう付き合っていくのかについて学ぶ機会はほとんどないですよね?

私は結婚するまで定期預金の仕方すら知りませんでしたし、総合口座も持っていませんでした。結婚してから毎月積立で定期預金をするようになりましたが、毎月貯金できているということは安心感を生みます。

貯金の仕方ってわかっている人にとっては普通のことでも、わかっていない、出来ていない人にとってはどうやっていいのかわからないですよね。私も貯金ができないタイプなので、とても苦労しました。

家計の管理と貯金は妻にまかせっきりだったのですが、自分自身でも管理ができるようになろうと思い、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に行ってきました。

ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」とは

ファイナンシャルアカデミーはお金について学べる学校です。家計改善などを含めたお金との付き合い方、株式投資、不動産投資、FXなど多岐にわたるテーマを学ぶことができる、お金の総合スクールです。

ファイナンシャルアカデミーでは無料体験講座として、学べる講座が複数用意されています。今回はその中の一つである「お金の教養講座」を受講してきましたよ。

お金の教養講座で学べること

「お金の教養講座」ではファイナンシャルアカデミーの創業者である泉正人さんの著書である『お金の大事な話「稼ぐ×貯まる×増える」のヒミツ』の内容に沿って、「10の教養」と「10の仕組み」について詳しく教えていただけました。

新宿駅南口から徒歩3分のところにあるファイナンシャルアカデミーのセミナー会場に到着し、席に着くと『お金の大事な話「稼ぐ×貯まる×増える」』が机の上に置かれています。なんとこちらは無料でいただくことができます。

しっかりとした資料も置かれていて、さー勉強するぞ!という気持ちが湧いてきます。笑

『お金の大事な話』では、泉正人さんが年収150万円から年収2億円に至るまでのエピソードを通して、お金を作りだす「発想」や「考え方」が10の教養、10の仕組みとしてまとめられています。

お金を作りだす「発想」や「考え方」は、20代前半の美容師時代に出会い、そして後にメンターとなる星さんという方から薫陶を受けた言葉や、自身で学び実践する中で培われたものだそうです。

後から本も読んでみましたが、印象に残ったのがこちらの言葉。

「お金を増やす能力は、運動神経と同じもの」

泉さんは「お金を増やす能力は、運動神経と同じもの」と言っています。泉さん自身、かつての自分はお金に対する運動神経がまったくなかったと言っています。

ではどうやってお金に対する運動神経を鍛えたのか。お金に対する運動神経は、まず学び、行動を起こし、経験値を蓄えていくことで養われていくものです。お金に対する運動神経が高まるほど、動かせるお金の量が増え、お金を増やす力が上がっていきます

銀行の通帳が真っ黒な人はお金についてしっかりと考えている人

「お金の教養講座」では、貯金ができる人になるための具体的な工夫も学ぶことができます。いろいろあった中で一番驚いたのが銀行の通帳は鉛筆で書き込みを入れるべきという話。

これまで通帳に何かをしようとは考えたこともなかったので、まずそこにびっくり。理由を聞いて納得でした。

お金の管理ができている人が貯金ができる人です。通帳では引き出しと預入の金額は分かりますが、それ以上の情報はわかりません。通帳を家計簿代わりに、何の用途でお金の出し入れをしたのかを鉛筆で書いていくというのです。

お金についてしっかり考えている人ほど、通帳は真っ黒という言葉が印象的でした。後日談ですが、実際に通帳に書き込みをしている人がいて、話を聞いてみると両親が銀行勤めでした。

お金に対してしっかりとした考えている人人ほど、通帳が真っ黒は本当にある話でした。

お金に対して学ぶ人は老若男女問わずたくさんいる

平日の夜に開講される回への参加だったのですが、セミナー会場にはたくさんの人が集まっていてびっくりしました。

年代も様々で20代の若い人から60代まで、男女ともにたくさんの人が集まっていました。お金に対する悩みっていくつになってもあるんだなと思いました。

逆に若いうちからしっかりとした考えを身に付けることで、経験を積み、お金に対する運動神経はより高めていくことで、お金と上手に付き合える人生が送れると思いました。

セミナー中にはペアになってお互いの共通点をより多く見つけるというワークもありました。最も多く見つけたペアには豪華景品が進展されるおまけつき。様々な人が集まった中で、今まで接点のなかったかと話す機会にもなり、よい刺激をもらうことができましたよ。

ペアワークの豪華景品は実は仕訳ができる家計簿。お金の学校らしい景品ですね。

まとめ

お金ってとっても大事なのに、学校教育ではお金について学ぶという機会がありません。自分自身で学んでいく必要があります。

そんなときに一つの選択肢として「お金に教養講座」はおすすめだと思いました。お金に対するしっかりとした考えを持つことはお金持ちになる第一歩だからです。

セミナーでは紹介しきれなかった内容も、セミナー参加でいただける本を読めば、より深く理解することができます。なにより無料の講座なので何も損をする可能性はありませんし、しつこい勧誘もありません(実はこの点を心配していた)。

興味があれば参加してみるのをおすすめします。私は会社の先輩と二人で参加しましたが、単純に楽しかったです。

それでは。



こちらの動画紹介も参考になりますよ。

興味があれば是非どうぞ。公式サイトはこちら。
お金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」

スポンサードリンク