はじめての株式投資で優待株3銘柄に14万円投資。少ない資金でも分散することが大事。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。株式投資は分散が基本!

2015年6月のボーナスの一部を元手に初めて株式投資をしました。
ボーナスの内、15万円を投資用、残りを生活防衛資金として定期預金しました。

最初の株式投資では優待銘柄から購入する銘柄を選びました。東洋証券のセミナーで桐谷さんの話を聴き、値上がり益を狙う狩猟的な投資ではなく、配当・株主優待を狙う農業的な投資でコツコツと資産を増やしていこうと考えたからです。

参考:【東洋証券セミナー】「楽しく始める優待生活」で桐谷広人さんの講演を聴いてきました。

セミナーで桐谷さんは分散投資を強調していました。

例えば、20万円あれば5万円株・4社を買って分散するというアドバイスでした。
これを参考に15万円予算に対して3社を検討しました。結果として14万円で3銘柄に投資をしました。

初めての買い付け

はじめての株式の買い付けは、2015年7月中旬に実施しました。
日曜日に指値注文を出し、その結果を見守るのがドキドキ・ワクワク。とても楽しかったです。

初めて指値を出したのは次の3銘柄です。

・エムエイチグループ 9439(東証JQS)100株
・TOKAIホールディングス 3167(東証1部)100株
・八洲電機 3153(東証1部)100株
※Yahooファインナンスにリンクさせています。最新の株価を知りたいときに利用してください。

セミナーで紹介されていた優待株とこちらの雑誌で紹介されていた優待株を中心に検討しました。

もっと上がるかもしれないから値を上げて指値を出しなおそうなかなと思いましたが、希望通りの指値で買えないのなら別の銘柄を検討しようと思い直しぐっと我慢することにしました。

4日後に値が一時的に大きく下がり、指値より安い値段で買うことが出来ました。保有後は順調に値上がりをしたため、ぐっと堪えて良かったという結果になりました。

指値での利回りに納得をして買いという意思決定をしているので、希望の指値で買えそうにない時は焦らずじっと我慢して見守ること、その指値で買えなければあきらめるくらいの気持ちでいた方が良い結果を招くなと思いました(高い値段での買い付けになると、その分利回りも悪くなりますし)。

その後もう少し経験を積んだ今では、投資に値する魅力はあるのに市場で安くなっていた株を、少しでも安く買おうと欲を出して数円下げた指値を出して買い逃した経験があるので、数円くらいの良くは出さずに、すぐに買える価格で指値を出す方針です。

初めての優待株でもらえる優待品

初めての投資で手に入れた優待株は、総合利回り(配当利回りと優待利回り)と優待品を検討して良さそうだと思ったものを買いましたそれぞれの優待品を紹介します(2015年7月26日時点)。

・エムエイチグループ(権利確定月 12月末日)

エムエイチグループはモッズヘアサロンを国内展開しています。
100株以上で、優待品としてモッズヘアサロンで使える3000円分の優待券をくれます。

夫婦ともにモッズヘアで髪を切っているので、美容代の節約なればいいと思い100株を購入しました。

・TOKAIホールディングス(権利確定月 3月末日、9月末日)

TOKAIホールディングスは4種類の優待品から選ぶことが出来ますが、水が断然お得だと桐谷さんがセミナー・雑誌で述べていました。例えば、100株で年2回ペットボトル350mlの水が12本届きます。

TOKAIホールディングスは初心者におすすめとのことなので、100株買いました(人気の優待株ですし)。

その後実際に保有したことで気づくことがありました。詳しくは下記の記事にまとめていますが、優待品は本当に欲しいものかどうかの視点が重要です。

参考:TOKAIホールディングスの総合利回りは8%!ミネラルウォーターを飲む家庭ならメリット大!

・八洲電機(権利確定月 9月末日)

八洲電機の優待品は東北復興支援活動に貢献がテーマ。
(東北復興支援)ジェフグルメカード、東北地方の商品(食べ物)6品から1品、緑の募金への寄付から選ぶことが出来ます。

今回、奥さんの希望で食べ物の優待品は織り込みたかったので、東北地方の食べ物が届くのは楽しくていいねと100株購入しました。

その後、優待品はジェフグルメカードのみに変更されました。その後もしばらく保有していましたが、大きく値上がりしていたため利益確定することにしました。

参考:受取り配当金を2倍にするために保有株を組み替えました(利益確定+121,200円)。優待株は本当に欲しいものだけを保有。

まとめ

「たまごは一つのかごに盛るな」は株式投資の世界ではとても有名な名言です。株式投資では分散投資が基本。

ただ元手が少ない最初の買い付けではどうするの?ゆくゆくは買い増して分散投資にしていけばいいの?といろいろと疑問がありました。

桐谷さんのセミナーに参加して、少額でも分散することが大事という話を聞いて、もやもやがすっきりしました。

そのため、私のはじめての株式投資は優待3銘柄に14万円を投資しました。はじめての買い付けで分からないことが多かったですが、利回りはもちろん、優待品、業績、過去2年間の株価推移などを調べて購入したので、その後の株価の変動はまったく気になりませんでした。幸い、プラス方向に推移してくれたというのも大きかったです。

初めてということもあり頭を悩ませる作業でしたが、どの優待株を買おうか考えるのはとても楽しかったです。株を持つことで配当や優待品が定期的に届くことは楽しみの一つになりました。

少額でも分散が大事です。分散を大事にしつつ、長期的に保有したい銘柄をきっちりと選ぶということがもっと大事です。

それでは。

スポンサードリンク