投信ブロガーが選ぶ!Found of the year 2018の結果が発表。投資信託選びの参考にランキングを眺めてみる。

スポンサードリンク




投信ブロガーが選ぶ!Found of the year 2018の結果が発表されました。

投信ブロガーの方々が、「一般投資家目線で本当に良いと思える投資信託」を投票されています。

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

引用元:http://www.fundoftheyear.jp/2018/

2018年の投票結果が発表されたので自身の投資信託選びの参考にしたいと思います。

Found of the year 2018 トップ10

有効総投票者数 241名。投信ブロガーであれば誰でも投票することができます(審査有り)。

1人が持ち点5ポイントを持ち、1~5つのファンドに投票することができます。有効総ポイント 1,188 を各ファンドへ投票した結果がこちらです。

2018年度は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」(三菱UFJ国際投信)がアワードを取りました。

第1位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
第2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
第3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
第4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
第5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
第6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
第7位 Vanguard Total World Stock ETF(VT)
第8位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
第9位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
第10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

eMAXIS Slimがトップ10に5つランクインしています。「eMAXIS Slim」シリーズは業界最低水準のコストを将来にわたってめざし続けると運用会社が明示しています。実際、競合ファンドがコスト最安値に引き下げを行うと、直ちに追随してきた実績が評価されたようです。

投資によるリターンは不確実ですが、コストは確実なので、コストを最大限下げることは重要ですね。

第1位のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス、第5位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、私も児童手当の運用で積立投資しています。ランクインしていてとても嬉しいです(投票はしていません)。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は私の積立投資のメインファンドです。投票理由を一部抜粋するとこういったコメントでした。私はこれからもこちらのファンドをメインに積立をしていきます。

  • 数多くの8資産均等型バランスファンドが登場するなかもっとも低いコストを実現したのはすごいと思います。これ一つでほぼすべてのアセットをローコストで投資できるのでイチオシです。
  • 投資を1本で済ますならこのファンドでしょう。分散、低コスト、お手軽の三拍子が揃っています。
  • 複数の資産、数多の国、地域に「完全固定型」で投資を行うユニークなバランスファンド。これだけ広範な分散と定期的なリ・バランスをお任せできて、運用管理費用が0.18%を切っているのは画期的だと思う。

引用元:http://www.fundoftheyear.jp/2018/5emaxis-slim-8-1.html

児童手当の運用は低リスク、低コストなインデックスファンドを選びたいと考えています。積立できる金額は限られているのでバランス型1本で投資できるのはとても便利です。

トップ10を見ているとこちらのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が気になりました。米国株式投資には興味はあるものの(もちろんバランス型や先進国株式インデックスにも含まれている)、少ない投資金額で米国株式に分散投資できるというのはとても興味があります。

  • 間違いなくS&P500にベンチマークするファンドとしては優秀です。米国投資家として注目せざるを得ないですね
  • 米国株投資の人気が過熱するなか、信頼性の高いS&P500指数に業界最安コストで投資できる本ファンドの存在意義は大きい。今後の純資産増加にも期待大である。
  • 米国株式S&P500に連動するインデックスファンドが出てきたことが嬉しく、今後スポット投資していきたいです。
  • 米国のオールスターであるS&P500に投資できる投資信託は、少なかった。信託報酬等も最安であり、ぜひ積み立てで継続して購入したい

引用元:http://www.fundoftheyear.jp/2018/610-1.html

米国株が下がっている時にスポット投資で購入していきたいなと思います。

10位まではインデックスファンドが占めています。投資信託としてはやはりアクティブファンドにも注目していきたいと思います。

Found of the year 2018 11位~20位

11位から20位を見るとこういったファンドがランクインしていました。

第11位 ひふみ投信
第12位 野村つみたて外国株投信
第13位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
第14位 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
第15位 結い2101
第16位 バンガード・米国高配当株ETF(VYM)
第17位 Free S&P500インデックスファンド
第18位 eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
第19位 農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド
第20位 SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))

第13位のeMAXIS Slim新興国株式インデックスは私も新興国株式の投資に活用しています。仕事でも投資でも新興国ビジネスが大好きなので、ついつい新興国に投資したくなります。

11位以下ではアクティブファンドもランクイン。「ひふみ投信」や「結い2101」はとても哲学がはっきりしているのでおもしろいファンドだと思います。今年はアクティブファンドにも投資していきたいなと思っています。

「結い2101」の「いい会社」に投資するという哲学は個別株投資の参考にもなりそうですね。こういったファンドはイベントも積極的に開催しているのでおもしろそうです。「結い2101」のコメントはこちら。

  • 派手さはないファンドですが、ファンドを通じて色んなことを気付きを与えてくれるファンド。
  • 投資哲学・運用スタイル・プロセスが明確。目標とするリスク・リターンを掲げて運用を行っていること、受益者総会や月次報告書(結いだより)などで受益者への説明責任を果たしていることも評価できる。運用責任者が退職したが、投資哲学・運用プロセス等の変更がないこと、今後チーム運用に進化することを期待して。
  • アクティブ投信で信託報酬は若干高いが、「いい会社に投資しよう」という鎌倉投信の方針に賛同して定期積立を実施している。投資方針にブレがなく、リスク管理もしっかりしており、安心して保有できる投信

引用元:http://www.fundoftheyear.jp/2018/11-1.html

2019年もいろいろなことがあるとは思いますが、コツコツと積立投資を継続していきます。ブレずに積立投資をするために他者の意見を知るのはとても参考になりますし、心強いですね(もちろんリスクは自己責任です)。

今年はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のスポット購入やアクティブファンドにも投資をしてみたいですね。

それでは。

スポンサードリンク