【広島の中学受験】広島市内の女子私立中学校の学費を調べてみた。

スポンサードリンク




わが家には二人の娘がいます。まだまだ先のことですが、中学校受験することも視野に入れています。

娘達が中学校受験をしたいといった時にお金をちゃんと準備しておけるように今のうちから学費を調べておきたいと思います。いったいいくらぐらいかかるものなのでしょうか。

広島市内から通学圏内で上位校の私立女子中学校の学費を調べてみました。男女共学校と国立大学付属校も併せて調べてみたので紹介しています。

広島の私立女子中学校

ノートルダム清心中学校

ノートルダム修道女会によって設立されたカトリック系の私立女子中学校です。設立は1950年と歴史があります。

こちらは広島県トップクラスの私立女子進学校と言われています。

教育目標は「心を清くし、愛の人であれ」と、カトリックの精神に基づいた教育目標が掲げられています。

場所は広島県広島市西区己斐東1丁目10-1。うーん、わが家からはちょっと遠そうですが通えなくはなさそうな距離です。

こちらの学校の気になる学費は年46万円でした。年46万円だと月々に換算すると約4万円弱ですね。

中高一貫校ですので6年間で276万円です。

広島女学院中学校

広島市では有名な女子中学校です。こちらもキリスト教系ですが、広島女学院はプロテスタント系です。

広島の女子校の中ではノートルダム清心の次に位置する上位の私立女子中学校です。1886年(明治19年)、砂本貞吉牧師によって創設された広島女学会が起源の学校で、広島市内に幼稚園から大学院まであります。

住所は広島県広島市中区上幟町11-32。広島駅からすぐなので電車で通学しやすそうですね。

こちらの学費は年75万円。年75万円ですと月々に換算すると6.3万円ですね。結構な負担になりそうです。

なお、中高一貫校ですので6年間だと単純計算で450万円です。結構お金が掛かりますね。。

安田女子中学校

こちらも広島市では名が通っている女子校です。女子校では3番目に位置する学校です。広島市内に幼稚園から大学院まであります。

1915年(大正4年)に「女性に教育は必要ない」という考え方が主流だった時代に、「広島の地に女子教育を」との願いから、安田リヨウが夫の安田五一とともに私財を投じ開校した広島技芸女学校を起源とする私立女子中学校です。

住所は広島県広島市中区白島北町1-41。JR白島駅から近いので通学しやすそうですね。

こちらの学費は年70万円。月々に換算すると6万円弱。私立女子校はやはり高いですね。

中高一貫校ですので6年間で420万円です。うーん、高い。

男女共学の私立中学校

広島なぎさ中学校

こちらは女子校ではなく男女共学の私立中学校です。広島なぎさ小学校は小学校受験でもよく聞きますね。

オリジナリティが高い教育システムが強みの学校です。平成27年よりICU(国際基督教大学)と高大連携を実施しています。ICUはリベラルアーツを強みとする大学で、ユニークな学生が多い大学です。ICUとの高大連携は興味深いですね。

住所は広島県広島市佐伯区海老山南2丁目2-1。佐伯区なのでわが家では通学は難しそうです。

こちらの学費は年67万円。月々に換算すると5.6万円ですね。

中高一貫校ですので6年間で402万円です。やはり私立中学の学費は結構な経済的負担になりますね。

国立大学付属中学校(男女共学)

広島大学付属中学校

広島県内トップクラスの国立大学付属中学校です。言わずと知れた広島を代表する名門の伝統校です。

広島で最も偏差値が高いのは男子校の広島学院中学校ですが、女子学生だとこちらの広島大学付属中学校がトップ校となります。男子学生で広島学院中学校と広島大学付属中学校に合格した場合は、どちらを選ぶのかは半々のようです。

2003年、2007年、2012年の3回にわたり文部科学省によるスーパーサイエンスハイスクールに指定(期間5年)されています。

住所は広島県広島市南区翠1丁目1-1。広電があるので電車通学もしやすそうです。

こちらは公立中学校と同じ学費ですので経済的な負担は少ないですね。親としてはありがたい学校です。

広島大学付属東雲中学校

こちらも広島大学付属の中学校ですが、中高一貫校ではないので高校受験をする必要があります。

なお、広島大学付属東雲は小学校と中学校のみです。小学校受験では広島大学付属小学校とこちらの東雲小学校を受験するご家庭が多いようです。

住所は広島県広島市南区東雲3丁目1-33。最寄り駅はJR向洋駅になりますね。

こちらも公立中学校と同じ学費ですので家計には優しい学校です。

まとめ

私立女子中学校の学費を調べてみました。やはりまとまった金額が必要ですね。

もし中学受験をする場合、親としての希望は広島大学付属の中学校に進学してほしいところですが、受験は水物ですので複数校受験も視野に入れる必要があります。その際に進学可能性がないところを受験させるわけにもいかないので、私立女子中学校の学費を準備することはとても重要だと考えています。

女子中学校トップのノートルダム清心中学校の学費は40万円台と他の私立女子中学校と比較して経済的負担が少ないため選択肢としてもとてもいいと思いました。ちょっと通学距離は気になるところですが。

とはいえ中学受験なんてまだ先の話なのですが、学費が心配だったので調べてみて少し安心しました。やはりいくらかかるのかを具体的に抑えておくと対策が立てやすいので不安が減りますね。

さてどうしようかはゆっくりと考えて、お金は今から中学受験を視野に入れて準備していきます。中学受験のための学習塾の費用も併せて考えるともう少し費用は掛かりそうですね。うーん、大変。

それでは。

スポンサードリンク