家賃と住宅ローンの返済額が同じなら買った方がお得?実際に購入してから改めて考えてみる。

スポンサードリンク




かめごん
有名なセールストークについて考えてみます。

わが家は中古住宅を購入しリノベーションをしましたが、検討当初は新築戸建てを見て回っていました。

そんな時によく聞かれたセールストークに「毎月の家賃と同じなので買った方がお得ですよ。」というものがあります。住宅ローンの月々の返済額を営業の方が電卓ではじいて、必ずこのセールストークでにじりよってきます。

同じお金を払うのなら、資産が残る方が確かにお得なような気がします。

住宅購入費用は住宅ローンだけではない。

賃貸の時は住宅に掛かる費用は家賃のみ(入居時に敷金+礼金)です。敷金はきれいに住めばほぼ返ってきますし、最近は礼金不要の物件も増えてきていますね。

住宅を購入する場合、多くの人は住宅ローンを活用すると思いますが、毎月返済していく必要があります。

ですが実際には住宅ローン以外の費用も発生します。それは固定資産税・都市計画税、修繕費用です。

マンションであれば修繕積立金として毎月支払う必要があります。戸建ては毎月は払う必要はありませんが、新築で購入しても経年劣化によりメンテナンスは必要になるため準備する必要があります。

(土地・建物の評価額によりますが)固定資産税・都市計画税は実際に支払うと負担が大きいと感じました。例えば、土地・建物の評価額が4,000万円の新築物件場合、月々約1万円ほどプラスされます。

参考:ヨムーノ|マンションの固定資産税っていくら払うの?築年数ごとに計算してみた

家賃と住宅ローンが同額の場合、固定資産税・都市計画税を加味すると買った方が費用は高いのです。さらに修繕積立金が必要になります。

とは言いつつも住宅を購入した場合、住宅ローン控除のメリットがあります。住宅ローン残高の1%の住民税が、10年間400万円を上限に控除されます。

ですので「家賃と同じなら買った方がお得ですよ」というセールストークを聞いたときには、実際に自分で計算をしてみて検証をする必要があります。

納得する住まいを得ることが大事

賃貸であれ、持ち家であれ、満足した生活ができていることが大事です。

賃貸の場合は移動の自由が確保された生活ができます。子供が中学受験をした場合、合格した学校の近くに引っ越すこともできますし、その時、その時のライフスタイルに合わせた住環境を選択できることは大きなメリットです。

一方で持ち家のメリットですが、一般的には持ち家の方が賃貸の不動産よりもクオリティが高くなる場合が多いと言われます。

持ち家の場合は資産として残りますが、木造住宅の場合は20年経つと建物の価値は0になります。そのため土地のみが価値のある資産となりますが、人口が減少する中で土地の価値は今よりも減少している可能性が高いです。

わが家の場合は中古戸建住宅を購入しましたが、実際にプランを考えてリノベーションした結果、とても愛着が持てる住まいになり満足しています。家の状態が良い中古戸建をほぼ土地の値段で購入したので、購入額=土地の値段は資産として残るのかと考えていましたが、この辺りは考え直す必要があると考えています。

いずれにせよ住宅購入はセールストークに流されず、しっかりと考えた上で決めたいですね。時には時間を掛けることも選択の価値を上げると思います。

参考:中古住宅を購入し、リノベーションした戸建てに住んで1年経った経験から考える中古住宅選びで大事なこと。

それでは。

参考になる本

今読んでいる本ですが、こちらの本がおすすめです。将来の人口減少を踏まえた上でマイホームをどう考えるのか。日本一有名な家族「磯野家(サザエさん)」を例に紹介されていて分かりやすいです。

スポンサードリンク