児童手当はどう役立てるべき?子供のための将来の学費として大事なものだから、国債で安全に運用していきたい。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。児童手当はどう役立てるのがいいのでしょうか。

子供が生まれると児童手当をもらうことができます。この児童手当はどう役立てるのがいいのか。わが家もとっても悩みました。

子供がいる世帯では、3歳までの間は月1万5000円、3歳から小学校卒業までは1万円(第三子の場合は1万5000円)、中学校卒業までは1万円をいただくことがあります。※年収による制限あり(2016年時点では960万円以上が対象)。

わが家の場合は児童手当は生活費などには使わず、子供の高校卒業後の学費のために貯めていこうと話し合って決めました。

高校卒業後の学費っていくら必要?

高校卒業後の進路によって必要な学費が違ってきますが、大学進学の場合で考えてみると国立大学or私立大学で必要な学費は大きく異なってきます。例えば国立大学の場合は4年間で約250万円必要になってきます。

入学料28万2000円
学費53万5800円/年

4年間で242万5200円

これに対して私立大学は大学により学費はぴんきりですが、文部科学省の「私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査」によれば、4年間で約450万円必要になりそうです。高いですね。。

入学料26万1089円
学費86万4384円/年
施設整備費18万6171円/年

4年間で446万3309円

学費を比べてみると親としては大学進学の場合は是非とも国立大学に進学してほしいですね。笑

これ以外にも家賃や生活費を仕送りしようと考えると、まとまったお金をあらかじめ準備しておかないとかなりキツイですね。

わが家の目標は300万円、児童手当だけではどうしても足りない。

(国立大学を想定した)最低限の学費250万円と最初のひとり暮らし準備で掛かるお金(敷金・礼金、引越し費用、家具など)50万円(概算です)で合計300万円を目標に準備しようと考えています。

ちなみに児童手当を使わずに貯めると約200万円になります。使わないだけで結構まとまった額になりますね。

0歳から3歳まで:1万5000円×36カ月=54万円
3歳から15歳まで:1万円×122カ月=144万円
合計:198万円

わが家の目標は300万円。児童手当を全額貯めても198万円ですので、102万円ほど足りません

余分に貯金をして準備をするか、児童手当を運用して増やしていくかを考えた結果、児童手当を運用して増やしつつ目標300万円を準備したいと思います。

児童手当は子供ための重要なお金なので、あまりリスクは高くない方法がいい。何がいいのかを考えていました。

マイナス金利だけど、国債で安全に運用

児童手当の申請をしてからあれやこれやと数カ月悩んだ結果、まずは国債で安全に運用しています。

こちらの記事を読んだときに、とても共感をしたのが決め手でした。やはり大事なお金だからこそ大事に運用していきたいものですね。

参考:ももねいろ|子供の教育費の貯め方は「個人向け国債」でコツコツ貯金。将来の学費貧乏は親の心がけ次第で変わる

2016年1月からマイナス金利の導入が決定され、銀行の預入金利は超低金利水準になっています。
そのため国債の金利も下がってしまっている状況です。ただし、国債の場合は最低保証金利として0.05%は保証されています。定期預金金利は0.025%なので、0.05%保証はなかなかアツい(定期預金の2倍の金利)。

ただし銀行はボーナス時期などに定期預金キャンペーンを実施しているため、いいタイミングで定期預金ができれば国債以上の金利が期待できます。

参考:2017年夏の定期預金キャンペーン!広島県民におすすめしたいキャンペーン3つを紹介します(どれも金利0.1%以上)。

ただし定期預金キャンペーンの場合は、10万円以上という制限がある上に、定期預金キャンペーン次第では口座が複数になるという煩雑さがあります。子供のための大事なお金として一カ所に集中させて管理したいですね。

そこでわが家の場合は、国債でコツコツ積み立てを選びました。児童手当が振り込まれたタイミングで個人向け国債を購入しています。国債は1万円以上、1万円単位で購入することができるのでコツコツと買うことができます。

国債は金額によってキャッシュバックがあり、よりお金を増やすことができる

国債は1万円からコツコツ買いができる点がおすすめですが、まとまったお金があれば運用面でのメリットが大きくなります。なぜならキャッシュバック制度があるからです。

例えば50万円以上100万円未満の国債を購入した場合は、初回購入時に1000円のキャッシュバックがあります。100万円以上200万円未満の国債を購入した場合は、2000円のキャッシュバック!

まとまったお金で国債購入をすれば、買った時点でお金が増えるという、うれしいメリットがあります。

国債の金利は3種類あるけど、10年変動がおすすめ

現在の国債は10年、5年、3年の3種類から選ぶことが出来ます。超低金利時代なので、全て最低保証金利の0.05%ですが、10年のみ変動金利で半年に1回金利が見直されます。

5年と3年は固定金利なので、将来的に金利が下がることが想定されるときは固定金利を選ぶメリットがあります。ただしマイナス金利の現在より金利が下がるというのは考えづらいです。普通預金金利が0.001%とほぼ0ですからね。

わが家の場合は最初は3年固定金利を選んでしまいましたが、今のような超低金利時代にはメリットがないことに気付いて変動10を選ぶようにしています。

参考:いつか子供に伝えたいお金の話|個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!

まとめ

いろいろと考えた結果、児童手当はわが子の大事な教育資金として国債で安全に運用しています。これから考え方が変わるかもしれませんが、ひとまず1年目の児童手当は全額国債で運用しています。

国債のメリットは安全であること。知らない方も多いですが、国債は銀行預金よりも安全です。ただ課題もあってこの低金利時代では国債運用のみでは、目標300万円に対して不足する102万円は確保できないだろうということ。

1年間国債で運用を続けてみて、やはり足りない分が気になってきています。国債以外の運用方法がいいのかを考えていますが、決まったタイミングでブログに書きたいと思います。

それでは。

 

スポンサードリンク