【英語多読】ラダーシリーズLevel 1 “Run, Melos, Run” 走れメロス を読んだ感想。

スポンサードリンク




英語100万語多読への挑戦を開始しました。

普段の英検・TOEICの対策に向けた勉強に加えて、楽しみながら英語力を底上げしたい考えです。

英語多読では100万語というのが一つの目標になっているので、100万語多読を目指してコツコツ取り組んでいきます(なんとかやり切りたい)。

【多読三原則】
①辞書は引かない
②わからないところは飛ばす
③自分に合わないと思ったらやめて次の本に移る

多読では自分が簡単だと思えるレベルの本を読むのが大事です。

そのため、まずはラダーシリーズから取り組もうと思い、ラダーシリーズ レベル1から始めていきます。

ラダーシリーズとは

ラダーシリーズは使用する単語を限定して、レベル毎の段階的にステップアップしていけるように書き直された英語学習用の本です

レベル1~レベル5までの5段階あります。日本人学習用に作られた英文リーダーなので、なんといっても取り組みやすいのが特徴です。

レベル1:使用語数 1,000語、TOEIC 300点以上 / 英検4級以上

レベル2:使用語数 1,300語、TOEIC 350点以上 / 英検3級以上

レベル3:使用語数 1,600語、TOEIC 400点以上 / 英検準2級以上

レベル4:使用語数 2,000語、TOEIC 470点未満 / 英検準2級以上

レベル5:使用語数制限なし、TOEIC 470点以上 / 英検2級以上

レベル1~2は特に平易な英語で書かれています。

ラダーシリーズレベル1もいろいろな本が出ていますが、その中で”Run, Melos, Run”を読んでみました。

“Run, Melos, Run”を読んだ感想

太宰治著『走れメロス』です。国語の教科書で読んだ方も多いと思います。

ストーリー自体はシンプルな話で、原作を読んだこともあるので、読みやすいかなと思い、手に取りました。

が、書き出しからちょっと意味が取りづらい。

Melos was furious. He decided then and there that the king was the lowest human being on the face of the earth and had to be stopped.

書き出しからなんのこっちゃと思ってしまいましたが、そのまま読み進めました。

あとからストーリーの中で書き出しの文章がそのまま再登場したの、あーそういう意味かと。

英語自体はとても平易な文章で書かれていますが、こちらの『走れメロス』は意味が取りづらいと感じる部分が多かったです。簡単な英語でもいろいろな表現ができるということはよくわかりました。

メロスが葛藤し、再び走り出すところなんかは、英文から躍動感を感じながら読むことができて、おもしろかったです。読み終わった感想としてはところどころの細かい表現が、少し難しいかなといった印象。

あと地名と人名の名前が読みづらい。舞台であるシラクス市は”Syracuse”。登場人物は”Selinuntius”(セリヌンティウス)、”Dionysius”(ディオニス)、”Philostratus”(フィロストラトス)。

最後のフィロストラトスは物語の終盤でいきなり登場しますが、スムーズに名前が読めなかった。

慣れも必要だとは思います。はい。

平たく言うとメロスは(人を信じられずに罪のない人々を苦しめていた)王様にケンカを売って、死刑になります。

が、妹の結婚式のために3日間の猶予をもらいます。メロスは3日間の猶予と引き換えに親友であるセリヌンティウスを身代わりにおき、王様は3日後の日没までに戻らなければ身代わりを処刑すると宣告。

果たして、メロスは友との約束を果たすために帰ってこられるのか!?といった内容です。

メロスの行く手を阻む、bandits(山賊)なんかが途中に登場します。ここでは挿絵と一緒に登場するので、単語をイメージで覚えやすかったです。あまり使う機会はないけど。

まとめ

“Run, Melos, Run”は平易な英語で書かれてはいますが、途中、意味が取りづらい部分もありました。

ただ原作を知っているので、全体の話の筋は理解しやすく、文字数も4,700語と多くないので、さっと読めたのは良かったです。

個人的な評価(5段階評価)
難易度:☆
読みやすさ:☆☆
おもしろさ:☆☆
おすすめ度:☆☆
Word数:4,700語

最初の1冊としてはストーリーの大筋を理解しながら読めたので良かったかなと思います。

こんな感じで多読を続けていきたいと思います。

それでは。

スポンサードリンク