使わなくなったものをメルカリで気軽にフリマ販売。副業としてもおすすめです。

スポンサードリンク




かめごん
メルカリはとっても便利

スマホで簡単にフリマができるメルカリ。スマホで写真を撮って簡単に出品ができます。

出品しても本当に売れるのかな?と思っていましたが、結構よく売れます。

引越しの際に不要な本を出品して整理しました。本以外にも不要な物を売って、これまで1万8千円分になりました。

メルカリの利用者数は急増中

TVでもメルカリのCMをよく見るようになりました。利用者は年々増えていて、月間ユニーク利用者数は1000万人以上になっています。アプリの累計ダウンロード数は7,100万。すごい数です。

出品から出荷までとっても簡単

スマホで売りたいものを写真で撮って、メルカリアプリでアップロードするだけで簡単に出品できます。最初は本当に半信半疑でしたが、実際に売れてからはこれは本当に便利なアプリだと思うようになりました。

特に本はいろいろ出品してみましたが、実際に売れたのはベストセラーや話題になった本。出品した小説が、映画化、ドラマ化されたときは、発表されたその日のうちに売れました。

『ちょっと今から仕事やめてくる』も映画化が決まってすぐに売れました。もっと高く値付けしておけばよかった。

出荷する商品も郵便局やコンビニ、ヤマト運輸で送ることができます。しかも匿名で送ることができるので安心です。

しばらく売れなくても再出品することで売れたりするので、あきらめずにコツコツ販売していくことで使わなくなったものをお金に換えることができます。

本は手間がかかるけど、古本屋で売るよりは単価が高い

価格は送料込みなので、本は送料を除くと利益は数百円です。正直、そんなに高くはないですが、古本屋での買取は数十円単位なので、大事にしていた本を売るならメルカリの方が断然いいと思います。

売れた瞬間にあー、売れてしまったのかと後悔するときはあります。笑

よく売れる時間帯を利用しよう

メルカリでは利用者の状況から、よく売れる時間帯と売れない時間帯があります。メルカリの公式サイトで紹介されていました。

売れやすいのは夜の22時。家でゆっくりしている時間帯にポチポチとスマホで買い物をするのでしょうか。

売れやすい時間は22時!
・17時〜深夜が売れやすい時間
・中でも21時〜23時は売れやすい
・特に売れやすい時間は22時
・ただし主婦向けアイテムは昼間全般を通して売れやすい

・ゲームソフトなどの夜型アイテムは深夜1時に売れる・キャリア決済の上限金額がリセットされる毎月1日の0時台は高額商品が売れる

売れない時間は深夜の時間帯と休みの前の日。これはよくわかる気がします。休みの前の日の夜はネットへのアクセスが減ってしまう傾向にあると思います。

逆に売れない時間
・深夜2時〜6時はNG
・金曜祝日前夜は避ける

参考:メルカリのお客さまをオフィスにご招待!第1回目の #メルカリサロン を開催しました

データで見るメルカリ

「ファッション」が43.1%と約半数をしめています(レディース 26.2%、メンズ 16.9%)。次に多いのがゲームなどの「エンタメ」、「家電・スマホ・カメラ」です。クルマなんかも売られていてびっくりします。

最も売れたブランドはユニクロ。次にナイキです。シャネルなどの高級ブランドも上位にランクインしています。

まとめ

メルカリとはラテン語で「商い」をするという意味です。気軽にスマホで商品を販売できる。これってすごいことだと思います。仕組みがシンプルなので、本当に簡単です。

今は家で使わなくなったものを出品して売っていますが、うまく商品を仕入れて販売ということにもチャレンジできれば副業としての可能性も広がると思っています。

それでは。

スポンサードリンク