【優待一部廃止】ミサワホーム(1722)はクオカード廃止で総合利回り半減(4%⇒2%)。+17,700円で利益確定をしました。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。ミサワホーム(1722)の優待が一部廃止になりました。

ミサワホーム(1722)は注文住宅を主力とする住宅メーカーで、2016年11月にトヨタホームの子会社となっています。トヨタ自動車出身の磯貝副社長が社長昇格、プロパーの下村副社長という体制で、トヨタ自動車が保有する遊休地活用した開発事業を積極展開。住宅建設の時価総額順位 11/36社。

【財務データ(2017年3月期)】 売上高:3999億円 営業利益:84億円(営業利益率:2.1%) 経常利益:81億円(経常利益率:2.0%) 自己資本比率20.2%

私が購入した時(株価780円)は配当利回り2.56%、優待利回り2.56%の総合利回り5.13%でした。2015年度の配当金は20円、そしてクオカードを半年毎に1000円分(合計2000円/年)いただくことができる高利回り銘柄。

2016年度は特別配当で25円だったので、配当利回り3.2%で、なんと総合利回りは5.76%!
現在の株価(957円)でみても、クオカードが廃止されなければ総合利回りは4.2%の高利回り銘柄です。※2017年度の予想配当は20円です。

2017年8月優待の一部廃止を発表

ミサワホームより2017年5月9日に優待の一部廃止が発表されました(2017年8月1日決議)。

当社は、株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、
より多くの株主様に中長期的に保有いただくことを目的として、毎年 9 月 30 日及び 3 月 31
日現在の当社株主名簿に記録された 1 単元(100 株)以上保有されている株主様を対象に、
優待制度を実施してまいりました。
このたび、株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方という観点から慎重に協議を重ね
ました結果、株主優待のうちクオカードの贈呈を廃止することといたしました。なお、ミサ
ワホームが取り扱う建物の購入などの際にご利用いただける優待につきましては継続いた
します。
引用元:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1501711

一部廃止されるのは半年ごとの1000円分のクオカード贈呈です。

クオカードの良いところはほぼ現金なのに税金が徴収されないこと。配当だと税金がかかってしまうのでクオカードは人気が高い優待です(NISA口座であれば配当も非課税)。

2017年8月24日時点の株価は957円。10万円以下の銘柄で年に2000円分のクオカードがもらえて、さらに20円配当まで出るという激アツ銘柄だったのにとても残念です。

住宅購入・リフォーム工事の優待は継続

一方でミサワホームの住宅購入及びリフォームの株主優待としての割引は継続です。戸建住宅の場合は建物本体価格の3%もの割引が適用されます。建物2000万円の場合は、60万円の値引きです。

将来的にミサワホームでの住宅購入を検討している方には依然としておすすめの優待内容となっています。

まとめ

現在株価の957円でみると、配当利回りは2.09%となります。配当利回りはそこそこある方ですが、同じような価格でもっと利回りのいい銘柄はごろごろあるので、ミサワホームに固執する必要はないかと思います。

私は780円で購入していたのでクオカードが廃止されても配当利回りは2.6%でしたが、優待内容の改悪ということもあり利回り3%以上の銘柄に組み替えることに決めて、957円で売却し利益確定をしました(+17,700円)。

それでは。

スポンサードリンク