ロシア・モスクワ出張ではルーブルの両替はいくら必要?モスクワの両替事情を解説します。

スポンサードリンク




かめごん
ロシア・モスクワ出張の両替事情を解説します。

ロシアの首都であるモスクワ出張に行ってきました。

出張前にルーブルを両替すべきかどうか悩みました。円を国内でルーブルに両替しておくのがいいか、USドルで持っていって現地で両替するのがいいかで悩みました。

今回は同じようにロシア出張前で悩む方にロシアの両替事情を解説します。

国内での両替は為替が悪い

国内の両替所は優遇レートと言いつつ、レートはとても悪いです。

例えば2018年8月2日時点の円⇒ルーブルの為替は1.76円/ルーブルですが、同じく2018年8月2日時点の日本の国内空港の両替所では2.22円/ルーブルです。ここ数年、実勢レートでは2.0円/ルーブルを超えていませんので、とても割高なレートです(マイナー通貨なので仕方ない気もします)。

ルーブル⇒円への両替は1.27円/ルーブル。ルーブルを両替した場合はしっかりと使い切って帰国することをおすすめします。

そして国内でのルーブルの両替は手数料も高いので、より割高感があります。

現地の空港のレートも良くない

ちょっと正確な数字を覚えていませんが、成田空港で見た円⇒ルーブルのレートとUSドル⇒ルーブルのレートをクロスレートで換算し直してみるとあまり変わらないレベルでした。

空港はレートがいいわけでないので到着してすぐに両替したくなる気持ちは分かりますが、おすすめしません。

現地では円を変えられるところは少なく、USドルやユーロであればどこでも両替ができます。両替所は空港意外では、ホテル、銀行、街中の両替所などありとあらゆるところにあります

USドルやユーロを持っているのならいいですが、わざわざ円を日本でUSドルに換えて、現地でUSドルからルーブルに両替するのは手数料も余分にかかるのでおすすめしません。

ロシアはクレジットカード社会で現金不要!

実はロシアはクレジットカード社会で、モスクワであればどこでもカード決済ができました。レストランはもちろん、少し小さめのお店でもクレジットカードで支払いができます。

あくまで経験の範囲内ですが、VISAはもちろん、アメックスカードも問題なく使えました。

2017年にもロシア出張をしていますが、その時は地下鉄の券売機でクレジットカードがうまく使えず苦労しました。その時の経験があったので、両替をどうするのか悩んでいました。2018年には全く問題なく、地下鉄もクレジットカードで支払いができました。

約1週間滞在しましたが、(国内で両替をしてしまっていたので)あえてルーブルを使おうとした時以外は、まったくルーブルは不要でした。すべてカードでOKです。

あくまで経験の範囲内ですが、モスクワ出張では現金不要でクレジットカードのみでOK!が結論です。

ルーブルをまったく見ないのもロシア体験としては味気ないので、興味があれば両替をしてみるといいと思います。現地通貨を現地のお店で使うことで得ることができる学びもあると思います。

なお、クレジットカードはサインではなく暗証番号入力が必要になるので、暗証番号は事前に確認をしておきましょう。

ATMのカードキャッシング

これは現地の駐在員にアドバイスをもらいましたが、どうしてもルーブルが必要な時は現地ATMでのカードキャッシングがレートも国内で両替するよりは良く、おすすめだそうです。

迷いに迷った挙句、成田空港で円⇒ルーブルに両替をしてしまったので、カードキャッシングは経験しなかったので詳しいことが分からないのですが、たしかにATMもいたるところで見かけました。

ただし、手数料は掛かるのが気になります。国内での両替も手数料が掛かるのでレートが良心的な分だけ良いかもしれません。

特に現金がいる場面はほぼないですし、繰り返しますが出張者の場合はクレジットカード1枚でOKだと思います。どうしても心配ならUSドルを持っていくといいです。USドルなら別の出張先でも使えるので、ルーブルに両替するよりはいいです(現地理解の目的なら、もちろんルーブルを両替して使ってみましょう)。

ロシアは行く人もあまりいない出張先だと思いますので、参考になれば幸いです。

それでは。

スポンサードリンク