【ロシア】チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院での音楽コンサートに行ってきました。

スポンサードリンク




2018年6月にロシアの首都モスクワに行ってきました。

モスクワはロシアの首都であるとともに文化の中心地でもあります。ロシアの音楽や美術は西欧からの輸入と模倣に始まり、やがては本家を追い抜いて世界の頂点に立った歴史があります。

ロシアをより理解するためにも、ロシア滞在中にロシアの文化に触れたいと思っていました。

現地の人のご厚意で、ロシアで音楽のコンサートに行くことができました。会場はモスクワのコンサートホールで最も有名なチャイコフスキー記念モスクワ音楽院です。

チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院

こちらがチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院です。1866年にサンクトペテルブルク音楽院に次いで、ロシアで2番目に設立されました。

正面にチャイコフスキー像が鎮座しています。世界的なコンクールであるチャイコフスキー国際コンクールの会場でもあり、現在でも世界中から多くの学生がこちらに通っています。

コンサートのポスターがいくつか張り出されています。

チケットはインターネットで予約してもらいました。席は前から7列目と結構前の方で、料金は2700ルーブルでした。こちらのサイトで予約ができるようです。

参考:https://rusconcert.net/

建物の中には音楽家の肖像画がいくつも飾られています。

こちらがコンサートホール。みんなカジュアルな服装で来ています。

コンサートホールには2F席もありました。

コンサートホールの壁にも音楽家の肖像画がずらりと並び、厳かな雰囲気が漂っています。

廊下には銅像も置いてありました。こちらも雰囲気がありますね。

コンサートはとてもよかったです。ロシアの音楽家の曲を中心に組み立てられていました。ロシアのクラシック音楽は聴いたら知っているという曲も多く、音楽の素養がない私もとても楽しめました。

まとめ

ロシア滞在中にロシアの音楽に触れることができて、とてもいい体験ができました。

こちらでは小さい子供連れで来ている方も多かったです。小さいうちから自然と音楽に触れるというライフスタイルはとてもいいなと思いましたし、子供達にそういう機会を作ってあげたいなと思いました。

ロシアの芸術に触れることで、また違ったロシアを知ることができてとても勉強にもなりました。

ロシア旅行ではロシアの美術・音楽に触れる機会を持ってみてもよい旅になると思います。

それでは。

スポンサードリンク