2018年11月・12月に受けとった配当金額を公開します。前年同期比+191%と着実に成長しました。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。中間配当のシーズンがやってきました。

日本企業は3月決算の会社が多いです。3月決算企業の中には9月末の上期決算で中間配当を実施するところもあります。

今回は保有株の内、4社から配当金をいただきました。

保有銘柄数は6銘柄。

今年の12月時点では6銘柄保有しています。その内4銘柄から配当金をいただきました。

配当金メインで銘柄を選定しており、もらった配当金で新しい銘柄を買うということを目標にしています。

6月の配当金シーズンでは、少しずつですが着実に配当金額が増えたことを実感することができました。

参考:2018年6月に受け取った配当金額を公開します。前年同期比160%と順調に増加。

2018年11月・12月の配当金

今回いただいた配当金です。

11/22 NTTドコモ(9437) 保有株:100株 配当金等:5,500円

11/30 中国電力(9504) 保有株:100株 配当金等:2,500円

12/5 SUBARU(7270) 保有株:100株 配当金:7,200円

12/6 日本郵政(6178) 保有株:100株 配当金:2,500円

合計 17,700円

4社から合計で17,700円の配当をいただきました。

昨年の11月・12月配当金は9,250円でしたので、昨年の1.9倍になりました。順調に増えてきています。

6月に受け取った配当金と合わせると、2018年の配当金は合計39,450円でした。

昨年は1年間で28,010円でしたので、昨年対比で141%増でした。

配当金は高配当銘柄に再投資したいけど

今回受け取った配当金は再投資に回したいところですが、金額が少ないのでいったんそのまま持っておきます。

焦っても配当金がいただける時期は年に数回ですので、焦らずに原資が貯まるまで持っておきたいと思います。

どんどん配当銘柄を買い増していきたいところですが、使えるお金は限られているので焦らずにいきたいと思います。

まとめ

2018年は39,450円もの配当金をいただくことができました。

まだまだ金額としては少ないのですが、それでもとてもありがたいことだと思います。

コツコツと時間を掛けてやっていけば、最初は少額でも少しずつ増えていくことが実感しています。

焦らない投資で、2019年もやっていきます。

それでは。

スポンサードリンク