飲み会の幹事はめんどくさい?飲み会幹事で得する方法。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。若手は毎回飲み会の幹事が面倒ですよね。

新入社員として入社してしばらくすると、飲み会の幹事を任されるようになります。(暗黙の了解で)部署の飲み会などは若手の仕事となっている場合が大半だと思います。

よくあるのが後輩が入ってくれば幹事をバトンタッチ。もしくは交代で幹事をすることもあると思います。いつまでも最年少の場合はずっと飲み会の幹事をすることになっていてイヤだという方も多いのではないでしょうか。

でも飲み会の幹事って面倒ですけど、面倒くさいと思ってやっていてもおもしろくないですよね?

今回は飲み会の幹事だからこそできる得する方法を紹介したいと思います。

かめごん
堂々と得ができるいい方法ですよ。

飲み会の幹事になったら全額クレジットカードで支払おう

会社で部単位での飲み会など、ある程度の規模以上の清算は前払い or 後日払いのどちらかだと思います。

少人数の飲み会であればその場で清算することもありますが、部署単位の飲み会ではさすがにその場で集めて清算することはありえませんよね。大抵は幹事が事前に集金をするか、立替えておいて後日集金をすることになります。

その時にクレジットカードで支払うとポイントが貯まるのです。しかもまとまった金額の清算になるのでポイントも多く貯まります。これぞ幹事の役得です。

例えば20名が参加する飲み会で5000円のコースを頼んだ場合、飲み会費用の総額は10万円です。
100円につき1ポイント(=1円)が貯まるクレジットカードの場合、1000ポイント(1000円)も貯まります。

ただ飲み会の時にクレジットカード払いで立替えるだけでポイントが貯まるので、絶対に活用した方がいいです。

しかも飲み会が年に数回ある場合、その分だけポイントが貯まります。まさに役得ですよね?

クレジットカードはポイントが貯まりやすいものを選べば、より多くのポイントが貯まります。銀行系のクレジットカードはメリットが少ないので、おすすめしません。貯まったポイントの利用しやすさも重要ですね。

クレジットカードを検討する場合は、こちらのサイトが参考になりますよ。

参考:クレジットカードの読みもの

注意点!集めたお金はきちんと管理をしよう

飲み会代金をクレジットカードで支払ったことによって、一時的に手元に現金がある状態になります。急にお金持ちになった気分になりますが、絶対に使っちゃダメですよ!引き落としの時に後悔することになります。

手元に残った代金はきちんと銀行口座に入れておいて、クレジットカードの引き落としに備えましょう。

それだけを気を付ければクレジットカードで立替えることはメリットだらけ。

まとめ

若手は飲み会の幹事も重要な仕事。お店選びは気も使いますしなかなか大変ですが、これも重要な勉強だと思います。
長い間幹事をしていると早く後輩が入ってこないかなと思うこともあると思いますが、そこは発想の転換で得をする期間が長くなったと捉えてみてはどうでしょうか。

私の話をするとこれまで小規模から大規模なものまで数えきれないくらいの飲み会の幹事をしてきました。ですが、実はこのメリットを活用してきませんでした。

30歳になった今も部署で最年少のため、まだまだ幹事をしています。そこでこの方法を思いついてポイントを貯めるようになりましたが、もっと早くこの方法で支払っておけばよかったと思っています。

みみっちくない得する方法なので、是非試してみてはいかがでしょうか。

それでは。

スポンサードリンク