【ロシア】極東地域最大の都市「ウラジオストク」に行ってきた感想と旅のまとめ。

スポンサードリンク




ロシア・ウラジオストクに出張で行ってきました。

最近では東方経済フォーラムが毎年開催され、日本でもウラジオストクのニュースを耳にする機会が増えてきました。実は成田から2時間半で到着でき、とてもアクセスしやすいです。

またヨーロッパの街並みを味わうことができるため、観光先としても人気がある街です。

IMG_5081

ウラジオストクはロシア極東地域最大の都市で、人口は約60万人(2010年時点)。
仕事で訪れたのと、短期日程だったので観光名所や街並み見物には行けませんでしたが、せっかく行ったのでウラジオストク訪問の記録を残しておこうと思います。

ウラジオストクへのアクセス

まずウラジオストクですが成田から直行便が出ていて、東京からとても近いです。
成田空港(NRT)-ウラジオストク(VVO)はS7航空で2時間35分のフライトです。毎週火・木・日の3便運航しています。

IMG_5078

韓国・仁川の経由便だと6時間程掛かるので、成田の直行便はとても便利です。

両替

ロシア国内ではルーブルへの両替はEURとUSDが主ですが、円→ルーブルの両替ももちろん出来ます。
ウラジオストク空港内では、円→ルーブルの両替がありました。

私は仕事だったのでお金を使う機会もあまりなく、結局ルーブルへの両替はせず全てクレジットカード支払いました。

移動の際に国内空港の両替屋さんに教えてもらいましたが、ウラジオストクへの旅行では1万円/日が両替の目安だそうです。3日だったら3万円を両替しておけばいいということになります。

ロシアはクレジットカード文化が発達した国なので、現金はあまり必要ないと思います。

参考:ロシア・モスクワ出張ではルーブルの両替はいくら必要?モスクワの両替事情を解説します。

クレジットカード

ウラジオストク滞在中の出費はすべてクレジットカードで支払いました。

ウラジオストク滞在中、アメックス(アメリカン・エクスプレス)は使えないところがちらほらありました。そのため、VISAも持っておいた方がいいです。ウラジオストク空港内のお土産屋ではアメックスが使えませんでした。

滞在したホテルでは問題なくアメックスが使えました。そもそもアメックスはロシアに限らずお店によっては使えない場合がありますね。念のためVISAも持っておいた方が安心だと思います。

ホテル

3つ星ホテルのAvantaに宿泊しました。高いホテルではなく、ビジネスホテルに近い印象でした。

IMG_5075

いい感じのさびれ具合。とっても味のあるホテルです。部屋は広いので出張としては使い勝手が良かった。

IMG_5073

高台にあるホテルなので、遠くまで見渡すことができ夜景がとても綺麗でした。ウラジオストクの街並みはいい感じですね。

IMG_5074

ホテルの7Fにはレストランがあります。初日は短距離フライトと言えど、国内移動もあり疲れていたのでホテルで食事をしました。同行のモスクワ駐在員いわく、ロシアの物価から考えるとそこそこ高かったそうです。

IMG_5070 IMG_5071

朝食はビュッフェ形式の食事が用意されています。普通の味ですが私は好きでした。

ウラジオストクのレストラン

滞在中にホテルAvantaの近くにあるレストランでも食事をとりました。
OGONEKというお店です。農家をイメージしたお店のようです。

IMG_5069
かめごん
店内はこんな雰囲気でオシャレなレストランです。
IMG_5068
かめごん
料理の名前はわかりませんでしたが、まずはガーリックパン。
IMG_5067
かめごん
魚介のカルパッチョが瓶詰されています。とってもおいしかった。
IMG_5066

かめごん
お次はシーフードサラダ。さっぱりしててうまい。
IMG_5065
かめごん
これもカルパッチョ。うまい。
IMG_5064
かめごん
ロシア名物、ビーフストロガノフ。初めて食べましたが普通にうまい!
IMG_5063
かめごん
メインディッシュにラビットのカツレツを食べました。
IMG_5062
かめごん
ラビットは淡白な味でした。初めて食べましたがいい旅の思い出になりました。
IMG_5061

ウラジオストクで食べた料理は基本的にどれもおいしかったです。

ウラジオストクはシベリア鉄道の始発駅

ウラジオストクはシベリア鉄道の始発駅です。鉄道ファンにはたまらないんじゃないでしょうか。

smallmap
画像元:http://www.ryokojin.co.jp/books/63siberia/siberia.html

siberia54
画像元:http://www.ryokojin.co.jp/books/63siberia/siberia.html

シベリア鉄道でのロシア横断旅行をしてみたいです。

交通・道路事情

ウラジオストクの街中では日本の中古車をよく見かけました。ウラジオストクには信号がほとんどなく、道路の車線も多いです。日本の感覚からすると衝撃を受けました。でも道も広いので問題はなさそう。

ロシアは左ハンドルの国ですが、日本の中古車がそのまま右ハンドルで走っているので、高速道路の料金や駐車券などの機械の一部は右ハンドル用に作られていました。

滞在中はクルマ(タクシー)での移動が一番便利だと思いました。坂が多い街なので歩くのは大変そうです。

滞在のまとめ・感想

今回のウラジオストク滞在では近くて遠い国ロシアを知る良い機会になりました。首都モスクワとは違い、道路が未整備のままとなっていて、路面状況は悪く、ロシアが経済途上国であることも感じました。

ウラジオストクだからという面はあると思いますが、インフラは未整備なものが多い印象でした。やや東南アジアの雑多な雰囲気と共通する部分が多くありましたね。

東京からのアクセスがいいので、週末を利用しての旅行先としてもいいと思います。

それでは。

スポンサードリンク