【ロシア】旧都サンクトペテルブルクの地下鉄の乗り方と乗車券(トークン)の買い方を写真付きで解説。

スポンサードリンク




ロシアの首都はモスクワですが、旧都はサンクトペテルブルクです。

日本で例えるとモスクワが東京、サンクトペテルブルクは京都です。ロシアを理解するためにはモスクワに加えて、是非サンクトペテルブルクという街を見ておいた方がいいというアドバイスを受けて、出張中の週末にサンクトペテルブルクを訪れました。

モスクワは地下鉄がとても発達した街ですが、サンクトペテルブルクも地下鉄網が整備されています。

ですが、地下鉄の乗車券の買い方が分からなくて、とても困りました。きっと同じように困る方もいるだろうと思うので、地下鉄の乗車券の買い方を解説をしたいと思います。

モスクワとサンクトペテルブルクでは地下鉄の乗車券の買い方が異なります。一度体験するとどちらも簡単なのですが、最初は戸惑うと思います。

サンクトペテルブルクの回る際に地下鉄が利用ができるととても便利です。

地下鉄の利用方法

サンクトペテルブルクの地下鉄のマークはこちら。一見V(もしくはカモメのマーク)に見えるM(MetroのM)です。
青い文字が目印です。モスクワのメトロマークは赤です。

地下鉄の入り口前に券売機があります。これはモスクワと変わりません。最初はもちろんロシア語なので、左下にあるイギリス国旗のマークをタッチすると英語表記になります。

「Buy a card」と書いてあるようにICカードタイプでチャージして使えるものがありましたが、最初にデポジット(後で返金されるけど、ロシア語が分からないとそれも大変そう)も必要で面倒な感じがしました。

 一回ずつの乗車券を買う場合は一番下に表示されてある「Buy Token(s)」を押しましょう。 

まとめて4枚まで買うことができます。まとめて買ったからと言って安くなるわけではないですが、同行者の分も一緒に買えるのは便利ですね。

サンクトペテルブルクの地下鉄はどこまで乗っても同一価格の45ルーブル。モスクワの場合は55ルーブルですのでこちらの方が少し安い(移動距離はモスクワの方が断然広い)。

必要な料金を入れるとトークンと呼ばれるメダルが出てきます。Mと書いてあるので見ればわかると思います。

かめごん
サイフの中に入れるとルーブル硬貨と紛れやすいです。※色が似ている

地下鉄の入り口にトークンを入れる場所があります。上の投入口にトークンを入れましょう。そしたらバーを押して中に入ることが出来ます。

地下鉄の駅によってはこのタイプの券売機がない(実はあるかもしれないけど)

まず大事なのは先ほど説明したタイプの券売機を探すこと。ただし券売機によってはICカードタイプのみの対応になっているものもあります。

そういう場合は窓口でトークンが買えるので、そちらに行きましょう。ロシア語で伝えるのがベストですが、サンクトペテルブルクでは地下鉄スタッフも観光客慣れしているためか英語が通じる場合が多かったです。

ロシアでは英語が全く通じないといったことも珍しくないので、その点は注意が必要です。

私はサンクトペテルブルク市内移動中に利用した地下鉄駅でトークンが買えるタイプの券売機が見つからなかったので、窓口で直接購入しました。

かめごん
シンプルにOne token pleaseと言えば、普通に買えました。

地下鉄の駅も見どころがたくさん

ロシアの地下鉄乗り場はとても深い位置にあります。しかもエスカレーターのスピードはとても速いです。スピードが速いですが、とても深いので数分は乗ることになります。

地下鉄の入り口からホームに行って電車に乗るまでは時間が掛かるものと思っておいた方がいいです。一方で電車はすぐに来るのでとても便利(東京と同じくらいです)。

地下鉄の駅構内には興味深い壁画があり、一見の価値があります。好きな人は地下鉄の駅を回るそうです。

地下鉄のホームも雰囲気があります。駅ごとに個性があって乗るだけでも楽しいと思います。

まとめ

慣れていない土地では思わぬところで戸惑ったりしますね。私も最初はモスクワと同じ感覚でサンクトペテルブルクの地下鉄にも普通に乗れるだろうと思っていました。実際に行ってみると想像以上に複雑でびっくりしました。

急いで『地球の歩き方』を読みましたが、文字が小さいのでなかなか分かりづらい。やっぱり写真付きで解説されている方が便利だと思ったのでまとめました。

お役に立つと幸いです。

かめごん
良い旅を!

スポンサードリンク