『サラリーマンのままで副業1000万円』を読んだ感想。普通の人でもお金の不安を解消するためのヒントが詰まった良書。

スポンサードリンク




かめごん
どもです。副業は資産形成を後押しする大きな助けです。

優待大家こと栗林篤さん、初の著書である『サラリマーンのままで副業1000万円』を読みました。大企業、ベンチャー問わず副業を推奨する動きが活発化しだしていますが、まだまだ少数派。

副業自体は第2の収入源として資産形成の大きな助けになってくれるものと考えています。

今回読んだ『サラリーマンのままで副業1000万円』は、東証一部上場のIT企業に勤めているものの、年収は290万円だった優待大家さんが副業として年収1000万円を達成した実際の実体験をベースに書かれています。

あと少し収入が高ければ、月3万円余分にお金があればと考える方は多いと思います。残業を頑張るという手もありますが、残業をしないことが善であるという風潮になりつつある中、どうやって収入を増やすのか。

それが副業なのです。会社からの給料以外の収入源であるキャッシュマシーンをいかに増やし、強化していくのかについて書かれています。買った翌日に読み終えるレベルでおもしろい本です。

まずは節約、そしてキャッシュマシーンの建造

まず大事なってくるのが節約をしてお金を貯めること。そして、その貯めたお金に働いてもらって新たな収入源を持つことでお金を増やしていきます。これをキャッシュマシーンの建造するという表現をしています。

副業といっても自分の労働力を対価としてお金を受け取るのではなく、お金に働いてもらうことで無理なく新しい収入源を作ることができます。そもそも勤めている会社以外に雇用されることは各会社の規定で禁止されている場合が多いのでおすすめできません。

お金に働いてもらう方法として、おすすめされているのが優待株と不動産。どちらもプロ級のいないニッチな世界で戦うということが肝です。

ニッチで勝負する

まずは自分自身がキャッシュマシーン1号となります。さらに2号、3号を建造することで収入増を目指します。2号、3号建造のために株式投資の世界と不動産投資の世界で勝負することが求められますが、いずれもプロが存在する世界であり、正面からガチンコ勝負すれば素人に分がありません。

ここで重要なのが「ニッチで勝負する」こと。

プロが手を出してこない分野で戦うことは、弱者である素人にはとても重要な考え方です。優待大家さんの場合は、株式投資では株主優待であり、不動産投資では築古の狭小戸建てと、いずれもニッチなところで勝負されているそうです。

複数分野をかけ合わせる

さら複数掛け合わせた限定的なフィールドを作り出すことで、競争相手を減らし自分自身の強みにすることができます。

株式投資家、不動産投資家、ブロガー、それぞれの領域ですごい人はたくさんいます。私はすべての分野で一流からほど遠く、いってみれば三流です。しかし、そんな三流の私でも、3つをかけ合わせたフィールド限定なら、強者不在とまではいいませんが、ライバルの数は相当減り、鈍く輝く存在になりえます。

勝つ見込みのある勝負にのみ臨むのが勝負の鉄則です。勝負できるフィールドを作り出して勝負するという考え方は、普段から意識して取り組むべきことだと思います。こういっためちゃくちゃ参考になる考え方が多く紹介されています。

自分自身はどうするか

まずは節約

本を読んだときは自分自身はどうするかと考えるのが大事ですね。
まずは節約という部分では、わが家の場合は奥さんが超節約家で毎月努力をしてくれています。ただ携帯電話などの固定費はまだまだ改善の余地があるので検討していきたいと考えています。

節約は大きな買い物ほど効果大。人生最大の買い物であるマイホーム購入では、新築は高いので中古の木造戸建てを買って劇的ビフォーアフターばりにリフォームをしました。大規模リフォームとなりましたが、それでも新築より総費用がかなり抑えられました。

まだまだ節約できる点はあるので、節約ネタがあれば積極的に実践していこうと思います。

参考:1000円カットに初挑戦!散髪代を節約すると効果が大きい。80%のコストダウンで年間2万円を節約!

節税として「ふるさと納税」も継続的に取り組んでいきたいですね。やってみると手続等も意外と簡単でびっくりしました。

参考:2015年ふるさと納税1位の宮崎県都城市にふるさと納税。返礼品の大万吉豚4kgセットの気になる感想は?

キャッシュマシーン2号(優待株、高配当株)を大きく

キャッシュマシーン2号として、優待株投資と高配当株への投資を進めています。優待品や配当がいただけています。銀行預金の金利がかなり残念な世の中ですから、かなりありがたい存在です。

このキャッシュマシーン2号の働きぶりをみてきたうちの奥さんも株主優待投資をはじめており、ダブルでキャッシュマシーン2号を強化していっています。

時間を掛けつつもキャッシュマシーン2号を巨大化することが当面の目標です。目標ラインは配当で新しい銘柄が買えるというサイクルを実現したいです。優待大家さんクラスになると配当で新しい株が買えるというサイクルが回っています。

キャッシュマシーン3号(不動産投資)はかなり時間がかかるけど、目指したい

不動産投資として賃貸経営がしたいと考えていますが、こちらは準備にかなり時間がかかりそうです。

現金で買えるレベルの戸建てを購入して、小さく始めたいと考えています。とはいえ不動産ですので数百万円単位のお金が必要になってきます。

キャッシュマシーン1号として、仕事を頑張りつつ、キャッシュマシーン2号で配当収入を増やし、しっかり節約する中でキャッシュマシーン3号の建造費用を貯めたいと思います。

 

ブログ×○○は可能性がある

ブログもキャッシュマシーンとして働いてくれます。それ以上にブログを通して発信することで新しい可能性が広がることが期待できます。

会社以外の看板をブログを通して掲げていくことで、新しい仕事を獲得する可能性があります。それが新しいキャッシュマシーンとなるかもしれません。

優待大家さんの場合はブログ×節約、株主優待、不動産投資。ブログ×○○でブログ自体も魅力的になりますし、会社の看板以外の看板を得ることは人生のリスクヘッジになると考えています。

まとめ

現状や将来に経済的な不安があってなにか具体的に行動をしたいと考えているなら『サラリーマンのままで副業1000万円』を読むことを声を大にしておすすめします。

読む中でこれはいいかもっていう考え方がたくさん見つかりましたし、きっと見つかると思います。そもそも読み物としておもしろく、優待大家さんの意識高くない感じの目線がちょうどいい感じで、伝えたいことがすーっと入ってきます。

そしていいかもって思うものがあれば、自分もまねをして「リスクの取れる範囲で小さく始めてみればいい」と思います。小さく始めるとその分リスクも小さくなります。著書の中でも「大切なのは小さく始めること」と述べられていてかなり重要なキーワードです。

最後にもう一つ。大切なのは小さく始めること。スモールスタートを心がけることです。(中略)

幸いまだ大きな失敗は経験していませんが、これからも気を大きく持たず、チキンハートで行きたいものです。機動戦士ガンダムに登場するカイ・シデンも、「臆病なくらいがちょうどいいのよね」って言っていました。

ちょいちょいアニメネタをはさんでくるので、個人的にはツボでした。とっても読みやすい文章ですよ。

それでは。

今回紹介した本はこちら。

スポンサードリンク