【ロシア】誰でも利用できる!シェレメチェボ国際空港のBaikalラウンジでシャワールームを利用してきました。

スポンサードリンク




ロシアの首都モスクワ市内にはシェレメチェボ国際空港とドモジェドヴォ国際空港の二つの大きな空港があります。

例えば福岡空港発、韓国・仁川乗り継ぎ、ロシアの航空会社であるアエロフロート便だとシェレメチェボ国際空港を利用することになります。成田発のJAL直行便ですとドモジェドヴォ国際空港です。

今回はシェレメチェボ国際空港で、特別なクレジットカードがなくても誰でも利用できるシャワールームを紹介したいと思います。

夕方以降の出発便の場合、さっぱりしてから飛行機に乗りたいですよね。私も初めてモスクワ出張した時は夕方近くまで仕事をして、そのまま社用車で空港に送ってもらい飛行機乗って日本に帰るという旅程でしたが、どうしてもシャワーを浴びたかったです。移動の疲れが違います!

シェレメチェボ国際空港

ドモジェドヴォ国際空港がロシア最大の空港で、シェレメチェボ国際空港は2番目に大きな空港です。

かめごん
空港の中はこんな感じでした。

大きな空港だけあって有料の会員制ラウンジは無数にあります。ビジネスラウンジだけで14ラウンジあります。

参考:シェレメチェボ国際空港HP

ただ会員制の有料ラウンジは特定のクレジットカードや会員カードを持っていないと利用できません。

今回紹介するBaikalラウンジは誰でも利用できて、シャワーのみの利用も可です。しかも安い!

Baikalラウンジ

BaikalラウンジはターミナルDの2Fにあります。入り口はこんな感じで全くラウンジっぽくないです。

私は空港内を案内するボランティアスタッフの方にシャワーが利用できるラウンジがあるはずなんだけどと相談をして、道案内をしてもらってたどり着きました。

シャワーだけだと30分で400ルーブルです。

Services in the lounge

Recreation
Coffee, TV, newspapers, and magazines

Additional paid services at the business center
Wi-Fi, printing, scanning and copying services

Shower stalls
RUB 400 / 30 min

ラウンジとして利用すると結構値が張るのでシャワーだけ利用するでいいと思います。

Price of admission

Adult passengers, up to 3 hours 2500 ₽
Children 2–12 years of age, up to 3 hours 1250 ₽
Adult passengers, 3 to 6 hours 3500 ₽
Children 2–12 years of age, 3 to 6 hours 1750 ₽
Adult passengers, 6 to 12 hours 5000 ₽
Children 2–12 years of age, 6 to 12 hours 3500 ₽
Children under the age of 2

Accompanied by parents
Free of charge
かめごん
ラウンジの中はこんな感じで、こじんまりとした雰囲気です。

ラウンジ利用者のための軽食コーナー。

雑誌も置いてありますが、読めそうにない。ローカルなラウンジですね。

カウンターでシャワーを利用したいと伝えて、料金を払います。するとバスタオルとスリッパと髭剃り、ボディソープ、シャンプーを渡してくれます。

シャワールームの数は少なかったですが、特に混んでもいなかったので困りませんでした。

シャワールームもきれいです。

ドライヤーもあるので髪もしっかり乾かせます。


さっぱりした上で飛行機に乗ると気持ちよく寝ることができるので、移動の疲れが格段に違います。

ちなみにこの時のロシアの最後の食事はサブウェイのケーキでした。うまし!

  

すっきりして満たされた状態で、帰国便に乗ることができましたよ。

Baikalラウンジの詳細はこちらのHPで確認できます。シャワーだけ利用したい人は是非!

参考:Baikal Lounge

それでは。

スポンサードリンク