8月の医療費(個人負担額)は2万円超。肥満は万病のもと!老後負債を作らないために減量します。

スポンサードリンク




8月は体調不良が続いています。

病院には計5回通院し、内2回は熱中症、残りの3回は発熱が長期間続くため検査をしてもらいました。

医療費はぱっと計算しただけでも2万円超(かなり詳しく検査をしてもらったため、検査代が高い)。

家計には大ダメージです。

健康は節約になる

今まであまり意識していませんでしたが、不健康になると医療費がかさみます。

たまに風邪をひくくらいなら市販薬は高いので病院に行った方が安いですし早く治ります。

ですが重い病気になると、通院回数も増え医療費もばかにならないことに気付きました。糖尿病になんてなったら毎月万単位のお金が掛かると聞き、ぞっとしています。

糖尿病のように定期的な通院と投薬が必要で医療費が掛かると、もはや固定費です。将来の老後資産を気にしていますが、老後負債も気を付けるべきだと考えるようになりました。

肥満は万病のもと

現在、恥ずかしながらの肥満体型です。学生時代は部活とウェイトトレーニングに打ち込んでいたため、ややマッチョでしたが、社会人生活を経るごとにぽっこりお腹になってきています。

肥満は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病と密接な関係があるとされており、まさに老後負債予備軍です。

今まであまり気にしていませんでしたが、肥満は万病のもとですね。健康診断でも脂肪肝と指摘されており、肝臓は大事な臓器でここも気になってきています。

というわけで、まだ代謝の高い30代前半に減量に取り組むことにしました。

減量の基本は食事

減量の9割は食事。食べたもので体は作られているので、食事を見直すことはとても大事です。

今まであまり食事を気にすること自体になぞの抵抗感がありましたが、やはり食事が基本です。

現時点で11日間、食事制限に取り組んでいます。減量初期は水分と未消化の食事がなくなることで体重が減るそうですが、3.5kg体重が減りました。水太り(むくみ)をしていたのか、顔のラインがこころなしシュッとした気がします。

体脂肪は減っていないですが、実際に体重が落ちるとモチベーションはとても高まります。

標準体重を目指して-13kgが目標

目標はスタート時点から-13kgです。既に-3.5kgは達成ているのであと-9.5kgです。

まずは標準体重を目指し、食事制限と有酸素運動。大好きな筋トレは標準体重になった後、始めたいと思います。

というのも過去、一念発起してウェイトトレーニングを再開した時がありましたが、マッスルメモリー(筋肉は衰えても、10年程はトレーニングを再開すれば過去の筋力に戻りやすいという特性があります)の効果で順調に重量を増やしていましたが、全くもって痩せませんでした。

その時は食事制限もしておらず、当時の食事の記録を見ると高カロリーだったのでそれも大きな原因でした。

個人的にはモチベーションを高く維持しつつ、結果優先で行くためにはまずは有酸素運動に取り組み、徐々に体重を落とした方が続きそうだと思います。

継続が何より大事なので、結果を追い求めて3ヶ月の短期決戦で-13kgを、健康的に目指します。

ブログでも進捗を報告したいと思います。

スタート時の体重:86.1kg
現在の体重:82.6kg
目標体重:73kg

それでは。

スポンサードリンク